髪の毛、切らせていただきます。
2006-07-25 Tue 22:18
今日、ちきちきの一番好きなバスのL20番(サーキュラキー ~ パラマッタ を走る2車両連結)に乗って、ダーリング・ハーバーに行ってきた。
運賃が3.70ドルだったので5ドル紙幣を出したら、
「お釣がないから、料金はいいよ。」と運転手。
そう、運転手公認(?)の無賃乗車。
何だか朝から得した気分!!てなわけで、またまたウールワースに行ってお菓子を買った。
そして、そう、またまた「Big Issue」のおじさん。
今日もおじさんとちょっとお話できて、嬉しそう。
だから私も、
「ちきちきは、ここに来るのを楽しみにしているんですよ。」と、ちきちきの気持ちを代弁してあげた。
うんうん、そうなんだよ~。と満足げな笑顔。

数日前からちきちきとのお約束、ヘアカット。
何かと理由をつけて「その日」を先延ばしにしていたちきちきに、
「そうかい。じゃぁ火曜日にしなかったら、ヘア・ドレッサー行っちゃうからね~。」と脅迫しておいたおかげで(?)結構スムーズに事は運んだ。
(2才の夏に、ヘア・ドレッサーでバリカンを使われて以来、恐怖症。)
夕方、バルコニーで「痛い~」だの「早くして~」だのうだうだ文句を言い続ける、まことにあきらめの悪いちきちき。
今日こそ、今日こそは上手に切るんだぞ。
と、気合が入った割には「たこ焼き」になってしまった。
あなたが苦手なら、私だって苦手な・ん・で・す!!
「へたでもいいんだよ~。ちきちき、これが好きなんだよ~。」
嘘でも、ありがと!!


Hair Cut
別窓 | 家族 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |