いつも一緒の友だち
2006-11-15 Wed 20:06
昨日「トイザラス」に行って来た。
(こっそりクリスマスプレゼントの下見です)
おもちゃを見るとやっぱり「何か欲しい」ちきちき。
でも「何か欲しい」という時は買わない主義の我が家。
ついでに、「1週間10ドル以内」の制限まで付いてます(^^ゞ

でも昨日は、私が「何か買ってあげたい気分」だったので、ぷにょぷにょした柔らかいものが好きなちきちきに「こんなのどうだ?」と高い棚から箱ごと床に降ろして見せた物は、
爬虫類の人形(というのでしょうか)で、超リアル。
しかもぷにょぷにょしていて、びょ~んと伸びる・伸びる。
で、ちきちきの選んだのは、超地味なグレーの「イグアナ」
あまりにもリアルで(ちょっとした振動でしっぽや手足が揺れてます)、しかもちきちきの持ち方がまた、本物を持っているような持ち方だったから、エレベーターの中でも、バス停でも駅でも、注目の的。
「本物?」とか
「どこで買ったの?」と聞いてくる人、多々。
だから、とっても得意気な気分のちきちき(^^)v

その「イグアナ」、名前を「スクラフィー」と付け、この瞬間からちきちきの一番のお友達になった。
どこにでも連れて行く。
機会があれば、誰にでも見せて紹介(?)したい。
お風呂にも一緒に入る。ベッドも作ってあげた。
もちろん寝る時も一緒だ。

本当にちきちきは、気に入ると「とことん」な性格というか、とにかく本当に「くどい」
日々家の中で、ちきちきの発するバスや電車の騒音に悩まされていた私とチキに、新たに「スクラフィー」との会話なんてものが、背中にのしかかって来た。
「スクラフィーの好きな食べ物、聞いてみ?」とか
「スクラフィーもおなかがすいてるか、聞いてみ?」とか
「スクラフィー、寒いってよ。」
ってな会話が一日中です。たまったもんじゃありません(>_<)
あぁ、昨日「何か買ってあげたい気分」だった自分の
「出来心」を恨めしく思います(-_-;)

20061115205816.jpg
午後、ユニット1に住むギャリーの「彼女」が来ていました。
ちきちきが「彼女」の絵を描いて持っていった時に、
彼女の頭には「カーラー」が数本巻かれていました。
家に帰って来てさっそく「カーラー」巻いた彼女を書いて、
届けに行ったちきちきです。

別窓 | 家族 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |