カッコいい
2007-04-27 Fri 20:10
昨日はちびっと「毒」づきましたが、やっぱり老人ケアの仕事は好き。いろんな仕事してきたけど、結構コレって自分に向いてるんじゃないかなぁ。なんて最近はプライドじゃないけど、誇りを持って仕事しているような気がする(*^_^*)

今日、初めてお邪魔したお宅。
おばあさんが片言の英語で、お掃除とか説明してくれた。
おばあさん、掃除機に使う延長コードをずーっとずーっと探していて、「いろんな人が来るから、誰がどこにしまったのか分からない。」ような事を言い続けて、私は「延長コードはいらないから、休んでいて。」と言って、お掃除を始めたら、おばあさんの息子さんが帰宅してきた。
そうか~、このトイレ使ってるのって、この人か~。って思って、便器の周りの汚れを拭いたり、う○ち流したりしてた。
息子さん、おばあさんに話掛ける訳でもなく、小銭を数えたり、PCに向かったりして別に何してる訳でもない。
そっか~、他人が家に来ているから様子見に来たんだ~。って思い始めたら、だんだん腑に落ちなくなってきた。
私の仕事、このおばあさんのケアじゃないの?
私って、クリーナー? 違うよね。
でも、これって私のわがまま?
そんな右にも左にも傾かない気持ちを、悶々と心に溜めたままちきちきを迎えに行き、途中でばったりチキに会って、3人一緒に帰ってきた。

「今日初めての家、どうだった?」
「う~ん、一人暮らしじゃないんだよ。ずーっと息子がいてさ、なんか監視されてるような気分だったわ。それに便器がね、すっごく汚くてさ~。ちょっと嫌になっちゃったよ。」
「もうしなくていい。」
「え?」
「もう、そこに行かなくていい。会社に電話して、そこ、外してもらえ。」
「だって、一応お仕事じゃん。」
「お金はいらない。そこまでしなくていい。」

別に外して欲しい程の気分じゃなかったんだけど、決して「トイレ掃除が嫌だ。」とかじゃなくて、「ケアラーなのか、クリーナーなのか。」そんな微妙なところで、すっきりしない気分だったんだな。
愚痴とかじゃなくて、いつもと同じに何気に話しただけなんだけど、なんか、チキがキッパリとそう言ってくれて、ちょっと嬉しかった。ウルウル

普段チキのこと、「嫌味が通じない。」とか「能天気でアバウト。」だとかウダウダ私も言ってるけど、やればできるじゃないか♪
カッコいいよ!!

来週行って、状況が同じだったら(きっと同じだと思う)このお仕事外してもらって、友だちのお母さんのケアをしようと思う。もし、金曜日の午前中でいいのなら。
うん、友だちもずーっと頑張ったんだから、もう他人(私?)にお願いしちゃおうよ♪
あはは。やっぱり友達の言う通り「きっと、みのじは引き受けるだろう。」は大当たりだったよ
別窓 | 家族 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |