さよならエンゼルフィッシュ
2006-08-04 Fri 11:28
まだ私がアメックスで働いていた時に同僚から譲ってもらった、マーブル・エンゼルフィッシュとお別れをした。
真っ白いのと真っ黒いのから産まれた、本当にきれいなお魚だった。
我が家に来たのは、もう7年以上前。
だから相当なおばあちゃんで、ここ数ヶ月は目も見えず、餌も見つけられず、そしてずーっと上を向いた状態で苦しそうにしていた。
もう泳ぐ力もなく、水槽の底で一生懸命水面に上がろうと、ヒレを動かしていた。

ちきちきが産まれるまでは、かなり熱帯魚にハマって「紀伊国屋」で何冊も本を買い、水槽はカラフルな魚たちでいっぱいで、水草もいきいきしていた。
ちきちきが産まれてからの私は毎日が必死で、魚たちへの細かいお世話もしなくなり、一匹死んで、また一匹死んで、水草もどんどん枯れて、そして最後に残ったエンゼルフィッシュだった。

フィルターから流れる水の音がない静かな部屋になった。
いつも眺めていた水槽もなくなった。
ちょっと、涙が出そうになった。

Fish & Us
別窓 | ひとりごと | コメント:2 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |