おもちゃのクリーニング
2006-08-24 Thu 21:12
昨日のお昼頃までは、まだまだホリデー気分だった私たちみんな。
ちきちきが幼稚園に行くんだと、その準備をしてたら「現実」に舞い戻った。
今週いっぱいチキは仕事を休んでいるので「あぁ~、大助かり~。」と思いきや(いえ、最初から期待してませんけどね)、こっちはキッチンに立って「あれやこれや」と動いては、ちきちきに「あれしろこれしろ」と話しかけているのに、チキは椅子に腰掛けて新聞読みながら、サンドイッチに手を伸ばし、コーンにかぶりつき、いちごを食べつくし、そしてちきちきの大好きな卵焼きに手が届きそうになった時、さりげなくお皿を遠ざけてやった。
いけない、ついついボヤいてしまった・・・・・。

そーじゃなくても忙しい「現実」。
ちきちきと小雨降る中、幼稚園に行って気が付いた。
今週は、幼稚園のおもちゃのクリーニング週間だった。
強制じゃないんだけど「幼稚園で使っているおもちゃを持ち帰ってきれいにしましょう。みなさんのご協力ありがとうございます。」と。
で、持ち帰って来たのは「小さなブロックがたくさん入った大きな箱」
タイ人の友人に「米を磨ぐ要領でいいよね。」と同意を求め、早速「しゃりしゃり」じゃなく「じゃらじゃら」と洗い、室内で自然乾燥。

他所の幼稚園の事は知らないけど、ちきちきの通う幼稚園はなんとも「保護者の参加」のてんこ盛り。
保護者が午後、子ども達に何かを教えたり一緒に遊んだりする時間も設けられていて、ギター片手に歌うお父さんや、火の消しかたを教えてくれるお父さん、マフィンを作ってきてトッピングしたり、お寿司を作ったりするお母さん。
そして私も日々、3歳~5歳の子ども達が作れそうな「おりがみ」を考案中。(ちきちきの幼稚園は、一クラスに年齢が混ざっています。)
もちろん行事も盛りだくさん。
土曜日だって日曜日だって(自由参加ですが)結構集まって、何かしてる。
それに加えて、クラスメイトのお誕生日会。
一番忙しいのは、ちきちきか。
別窓 | 学校 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |