血液型~性格判断~
2006-08-26 Sat 07:52
先日、知り合いから血液型性格判断の本を借りて読んだ。
今までのA・B・O・ABの他に「AOとBO」の二つの血液型も簡単に取り上げていて「親の血液型も左右しますよ。」と(と勝手に判断しました)。
血液型性格判断を信じない人もいるだろうけど、結構私は「うん、うん、そうそう、当たってる。」とこの手のものは楽しんでいる。

気になることが全部わかる!怖いくらい当たる「血液型」の本―あの人との相性、向いている仕事、人づきあいの方法まで! 気になることが全部わかる!怖いくらい当たる「血液型」の本―あの人との相性、向いている仕事、人づきあいの方法まで!
長田 時彦 (2005/08)
三笠書房
この商品の詳細を見る

だけど、私は「B型の父×A型の母」から産まれてきたO型で、私の3歳上の姉は「AB型」。これが↑の本には書いていなかったので、さっそくぐぐってみた。
・・・ら、ありました、ありました。
「24血液型」(もうご存知の方も多いと思いますが)
O型をクリックして親の血液型の組み合わせを探すと、私の場合、
正反対の両親を見て、独自の判断力と交渉力を養った柔軟派。同情やお世辞に弱く、意外とカンタンに人にだまされやすい。
当たってるんだな~。昔っから「優柔不断」だと思ってたけど、そうか「柔軟派」と言うんだね(笑)。いい言い方だ。
それに落ち込んで海の底に沈んでいる時「ここで今、宗教の勧誘が来たら絶対入っちゃうね。」と何度思った事か・・・・・。
信じる人も、信じない人も、一度お試し下さい。

チキはAB型なので、遺伝子の法則からいくとちきちきは「A型かB型」。
日々の行動を見ていると、99%「A型」ではないかと勝手に判断している。
こっちは出生時に血液型も調べてくれる病院もあるけど、ちきちきを産んだ病院では調べてくれなかったので、血液型は不明。
前にどうしても知りたくて、いつも行く近所の先生にお願いしたら
「何で?お金かかるわよ。」と率直に聞かれ、「性格判断したいんです。」とは言えずにそのまま「そうですね・・・。」と帰って来てしまった。

私の周りのオーストラリア人は、自分の血液型を知らない人が多い。
輸血が必要なら、必要な時に調べればいいじゃん。といった感じなのかな。
チキに聞いてみた。
「あなたのお父さんとお母さんの血液型、何?」
答えは、
「知らない。」
はい、お終い~。

私は動物占いとかも結構好きで、雑誌に「○○性格判断・○○占い」なんて載っていると「うひゃうひゃ」しながら必ずやってみる。
で、「うん、うん、そうなんだよね~。」と夜中に肯いている。
どこかに「干支・星座・血液型」でする性格判断なんかあったらいいな~。
また時間のある時に(たいがい真夜中です)、ぐぐってみよう。

20060825183708.jpg

↑チキの干支は「犬」。これはどう見ても「牛」だぁ~。

別窓 | ひとりごと | コメント:3 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |