とうとうしてしまった事
2006-10-12 Thu 20:20
しばらく前から、朝着替える時に何故かパンツも一緒に脱ぐちきちき。
「コラ!パンツは脱がなくてよろしい !!」と仁王立ちをした私に言われた後に、
「あっ!!」とか言って、急いでパンツをはく。
でも、最近はそれを楽しんでいるみたいで、わざとパジャマと一緒にパンツを脱ぐ

つい数日前、
「さっさと着替えなさいよ。」と言って洗濯を始めた私は、ちきちきの「あっ!!」に気がつかなかった。
ちきちきもパンツまで脱いだ事を忘れてしまったのか、窓から入ってくる風がとても心地よかったのか、下だけフルチン状態のまま立ってちゃぶ台に向かい、おもちゃのバスで遊んでいた。

洗濯機を回して、リビングに戻った時・・・・・・・。
ちきちきのお尻が、とっても、とっても可愛くて、もう自分の理性を抑えきれずにそ~っと後ろから「がしっ!!」と噛み付いてしまった。もちろん、軽くちょっとだけですよ(^^ゞ 
かなりビックリしたちきちきは私を見て、ケタケタ笑い始めたので、更に「がしがし」と両方のお尻を交互に噛んでしまった。
もう笑いが止まらないちきちき。
ケタケタした笑い声がまた面白くて、しばらく「がしがし」噛み続けた。

一度はしてみたかったこの「欲求」を満たした私は、冷静になって
「ほら、パンツはきなさい。」と。そして・・・・・、
「もっとして~。」とちきちきに言われて、大変な事をしてしまったとかなり後悔している<(_ _)>

大きくなってGFでもできて「お尻、噛んでくれる?」なんて言ったらどうしようか。
「小さい頃にさ、おふくろにお尻噛んでもらうのがたまらなく好きだったんだよ。」なんて言いふらされたらどうしようか。

とある漫画家のエッセイで、こんな事が書かれていた記憶がある。
「息子のおちんちんを一度でいいから口に含んでみたかった。
そして、その欲求を一度だけ実行した事がある。
ある日友人に話したら、実は私も・・・・。と、
みんな、結構している事なんだね。」

お尻を噛んでしまった私が言うのも何だけど、これはちょっとね(^_^;)

train footer
このブログのフッターに使う絵で悩んだ一枚です。
どこかで使えたらいいな。 と思っています。
別窓 | ひとりごと | コメント:5 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |