No worries mate!
2006-10-25 Wed 20:34
昨日「不完全燃焼」に終わった「バスと電車のチャッツウッド」
今日「もう一回行きたい。」とちきちきが言うので、昨日、図書館から借りてきて一晩で読み終えた本と、返し忘れたDVD(ジブリ&フランダースの犬)を用意した。
チャッツウッド行きのバス(ここが始発です)の時間は、10時半か11時10分が丁度いいので、雨の晴れ間を見て10時20分に家を出た。

・・・とその時、パラパラと雨が降り出したかと思ったら横殴りの大雨となり、道は氾濫した川状態。
私たちは傘さして雨の中を歩くのが大好きなので、二人で喜んでジャンプしたりしてバス停まで向かった(*^_^*)
「ボコボコ、すっごい音だねぇ!!」「え~、聞こえないよ!!」とか叫びながら歩いていたら、ほんの5分で雨はピタッと止んじゃった。
ボコボコと傘を鳴らすものの正体は雨ではなく、豆粒大のだった。

「触ってみなよ。冷たいよ。」ってちきちきの手にを乗せて、しばらくしゃがんでを集めてた。ちょっとちきちきの頭に乗せてみたりね(*^_^*) 
郵便配達のお兄ちゃんがバイクで通りかかったので
「大丈夫でしたか?」と聞いたら、
「楽しかったよ♪ 降ったね~。」とお兄ちゃん。

で、上から下までびしょ濡れになってしまったので、一旦家に帰って着替え、11時10分のバスに乗って、今日は平穏に向かった(^_^)
図書館に寄って返すものは返し、10冊ほどちきちきの絵本と私の本を借りて、重くなったバッグの紐を肩に食い込ませながら、駅に向かった(チャッツウッドの図書館には日本語の本がとても充実していて、ひとり20冊まで3週間、延長したら最長6週間借りられます)。

「今日は大回りしてシティに行きたい。」とちきちき。
だから窓口に行って
「ホーンズビー経由のシティまではいくらですか?」と聞いた。
「何のため?」と窓口の女性。
「あ、子どもが電車乗るの好きなんで、途中下車はしないんですが、大回りしてシティに行きたいんです。」と説明。
「そんな事は出来ません。」
以上<(`^´)>

「出来ないんだって~。仕方ないよね。」とちきちきの頭を撫でながら自動販売機に行った(今思うと、何故その窓口で切符を買わないで、自販機に行ったのか不明です)。
自販機が小銭を受けつけてくれないから、また窓口に戻ると・・・。
窓口の女性がいなくなって、若いお兄ちゃんになっていた(^_^)
だから、くどいようだがもう一回聞いてみた。
「途中下車はしないんですが、ホーンズビー経由でシティまで行くといくらになりますか?」私も2回目だから、要領よく説明。
「どっち周りでも、降りなきゃいいよ」
確認のためもう一回、聞いた。
「降りないんだったら、どうシティに行ってもいいよ。」と。
「ありがと~。」とちきちき。
「No worries!」とお兄ちゃん。

ふふふ。
ほらね、人によって言う事が本当に違うんだよ、この国は。
そう、ねらい目はオーストラリア人のお兄ちゃん~中年層♪
No worries mate!!
で何でも済ませちゃいますから(^_^)v
↑でも、やっぱ人によりますが確率は高いです。

チャッツウッドから約1時間半かけてゆっくりシティに行き(通常は30分です)、L20(2車両連結高速バス)に乗って、幼稚園の買い出し。
牛乳2㍑、すいか4分の1、食パン1斤、レタスにハムに、トウモロコシ4本に、あれもこれも・・・・。
そうです。学習能力のないのは私です。
先週の水曜日同様、肩に食い込む本と、両手が伸び切って歩けない私を置いて、ちきちきは「ぶん、ぶ~ん!!」L20になって遠くに去っていきました。
別窓 | 家族 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |