おふくろの味
2006-10-26 Thu 21:38
まだチキと日本に住んでいた頃、毎週日曜日は自転車をこいで長野駅前の「回転寿司」の開店と同時に早めの昼食を食べていた。
私の実家は「魚屋」なんだけど、なんせ私は「生の魚」がどうしても食べれない。
なのでちゃんとした寿司屋の「握り寿司セット」みたいなのは、とっても損をした気分になってしまう(-_-;)
よって「回転寿司」で、イカ・イカ・タコ・ウニ・イカ・イカ・アワビ。と好きなものを安価でいただけるのはとてもありがたい。
そしてチキも「回転寿司」が肩が凝らなくて好きだと。
私たちが一番食べていたのは「軍艦サラダ」通称「サラダ寿司」

時々、ごくまれに「高級寿司屋」かなんかに行っちゃった時、
「サラダズシ、クダサイ。」とかってチキがオーダーしちゃって「違う違う~。」って焦った焦った(^^ゞ 
寿司屋の大将も大人です。
野菜サラダをそっと出してくれました。ん?

我が家の夕食は、昔っから「一品料理」の超手抜きなので、あまりお味噌汁やお吸い物は登場しないし、野菜サラダも野菜がない献立の時以外にはそう登場しない(^^ゞ
使っている砂糖はグラニュー糖だし(そういえばグラニュー糖が切れた時に一度「アイシングシュガー」使いました。)、お味噌が切れていても平気だし、お酒なんかなくてもいい。なんとかヤッテいけるものなんですね(*^_^*)

でも、最近ふと不安になるんです。
例えばちきちきが、留学だとかなんかで日本に行った時、
「正統なかき揚げ」を食べて、
「これはかき揚げじゃありません。ベーコンもブロッコリーも入っていませんね。
なんて偉そうに言ったらどうしよう。
「具だくさんのおでん」を見て、
「こんなのは邪道です。おでんというのは大根と卵と手羽のみです。
なんて言い始めたらどうしよう。
とかとか・・・・・・・・。

ちきちきがもう少し大きくなったら、なんちゃって日本料理屋(オーストラリア人向けの濃い味付けでないところですね)でなく、ちゃんとした日本料理屋に連れて行こう。

私が夕食当番の日に、何があっても絶対に食卓に並ばないもの。
刺し身とジャガイモ。
これだけは昔っからだめなんです(>_<)

20061026222120.jpg

9月に幼稚園であった「父の日週間」で、
楽しそうにソーセージロールを食べる父親と子どもたち。
今日、ちきちきの連絡ポケットに入ってました。
コピー用紙のプリントなので、ちょっと写りが悪いですね。
別窓 | 料理とグルメ | コメント:5 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |