「3」の意味
2007-02-05 Mon 19:09
20070205215121.jpg
サーキュラキー。バス停裏

育ちの悪さがバレてしまうのですが、ちきちきと過ごす時間の中で、たまに「使わない方がいいんじゃないか?」な言葉を発してしまう。

我が家は「3のルール」というのがあって、
ぐずぐずしてなかなか着替えない時、
「い~ち、にぃ~い、さぁ~・・・・・」と、カウントを始めます。すると「はいはいはい!!」と、やっと急いで着替えてくれます。
・・・・・・「はい」は1回でよろしい(-_-;)
さぁ~ん。まで私が言った時には、着替えなし。
食事時の場合は、ごはんなし。
その辺をよ~く理解しているので、さぁ~ん。まで言う事は滅多にないですが(^^ゞ

ちきちきもちきちきで、人の話を聞いているんだか、聞こえていないんだか、無視しているんだか、1度言って済む事って、ホント、ない。
1回目は優しく伝えます。
2回目はきつく言います。
そして、3回目は・・・・・。
英語でいったら、「原形→比較級→最上級」ですね(*^_^*)←ないです、ないです。

今日も電車の中でありました。
「ねぇちきちき、ちょっとそこ、どいてくれる?」
どかない。
「ねぇちきちき、どいてよ!!」
はっ。と気がつくが、どかない。

「どけっ!!(--〆)」

通路を挟んだ席に座ってた女性(推定年齢25歳)が、
ぎょっ!!としてこっちを見ました。

・・・・・やってしまいました(-_-;)
この電車、日本人の多く住むエリア走ってるんです。

ごめんなさい、家、魚屋なんで・・・・・。
(関係ないですか・・・。)
別窓 | 家族 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |