迷走の染色(1)
2008-01-09 Wed 15:49
中学生の時に授業でローケツをして以来、染色が頭の隅っこに張り付いていて、年が明けても張り付いていたので草木染めだの、手描き友禅だの、ローケツだのいろいろと調べまくった。
インターネットはすばらしい
が、問題は、ソレって英語で何つーのよ
ゴム糊?糯糊?どこで買えるのよ
図書館に行って、染色の本(英語)を何冊か借りてきて読みまくり、単語を拾ってとりあえずやってみた。

some1.jpg

Gutta(フランス語でゴム)。
きっとこれがゴム糊というヤツでしょう。
透明なのがなかったので、白のGuttaで描いて待つ事2時間。


some3.jpg

布用の絵の具を原液のまま塗り、乾いたらアイロンで色を定着。
素人は、ここでGuttaを爪でこすり落とし、
ゴシゴシ布をしごいたものだから、


some4.jpg




見るも無残・・・・・


some6.jpg
ゴム糊を落とすのは、ドライクリーニング。
と知り、ハードウェアショップで、ドライクリーニング用の溶液(劇薬ですよ)を購入してまいりました。
左の2本は、布用の絵の具です。


some5.jpgこの溶液に浸すこと30分。
ベランダに置いてたので、風に流れて家中シンナー臭充満
昔の不良はこんな臭いを嗅いで喜んでいたのか。
ゴム手袋装着の上、ヘラでGuttaを削ぎ落とし、水洗いをしたら、


some7.jpg




結構きれいに出来上がりました



でもやっぱり、劇薬のお世話にはなりたくないよなぁ。
するってーと、糯糊を自分で作れってことかい?
糯粉はこっちでも買えるんだけどなぁ。
問題はだな。んなもん、どこで買えるんだよ。
精米所なんで近所にないよ

とその時、近所のスーパーで見つけたアレ
只今実験中につき、報告はしばらくお待ち下され
別窓 | 図画工作 | コメント:7 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |