シティで見て食べる
2010-06-14 Mon 17:03
今日は天気のいい祝日(何故かイギリスのクイーンズバースディ)で、旦那はお仕事(出勤日はイギリスのカレンダー)なので、朝から息子とシティに久しぶりに行って来た。

butterflyonthehand.jpg
まずは、ダーリングハーバーのシドニーワイルドライフ ワールドに行き、一通り見る。
蝶々がこんな風に手に止まるなんて、自然ではないんじゃないかなぁ。

dugong1.jpg
その隣の、シドニー水族館で、ジュゴン。なんかこっちに向ってくる姿が、ヨッコラ・ヨッコラって感じで、かわいい。

dugong2.jpg
丁度ランチタイムだったようで、レタスをモリモリ食べておりました。

sharks.jpg そしてお約束のシャークの泳ぐトンネル。


そしてランチ。
何食べようか。なんかごちゃごちゃしたフードコートとかで食べたくないよね。
私は日本食って気分なんだけど、息子よ、君はどんな感じだい?
母について参ります。と息子。
なので、前からちょっとだけ気になってた、シティとチャイナタウンの中間辺りにある小さな日本食レストランに入ってみた。


ebicurry.jpg
息子のオーダー、エビフライカレー。★★★☆☆10ドルちょっと。 
小さな冷凍のエビフライが8頭乗っかっておりまして、自家製らしいお漬物(福神漬けではない)とお味噌汁付き。
一つ一つ片付けていくのが息子の食べ方で、
まずお漬物をきれいに食べ終わったときに、お店の人が気を利かせてくれてそのお漬物を追加してくれた。
それを見た息子が「そうじゃないんだよぉ。」てな顔をしてたが、まぁまぁ美味しく頂きましょう。とまたコリコリ食べる。

butakimchi.jpg
私のオーダー、豚キムチ。★★☆☆☆10ドルちょっと。
お味噌汁とライス付き。
まぁなんてことない、変化球も何もないほんとに普通の豚とキムチの野菜炒め。

それなんかより従業員全員女性だったんだけど、その場の会話がまる聞こえで、韓国語も聞こえてきて、仲のいいスタッフとそうでないスタッフ(新人かなぁ?)がなんとな~く区別されているみたいで、そっちのほうが気になって居心地がよくなかったな。
そうそう、ちょっと前に行ったMizuyaというレストラン、ここも仲のいいウエイトレスの方たちが一箇所に集まって世間話をずーっとしていて、なんかそういうのってすっごく居心地悪くなるのは私だけかな。

そういう職場で絶対に働きたくないわ。
新人よ、頑張れ♪
別窓 | 家族 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |