身も心も寒すぎる
2010-06-29 Tue 14:40
freezingmorning.jpg
こちらに来て結構な年数が経ってしまったが、
朝、車のフロントガラスが凍ってたのは初めて(じゃないかと思う)。
天気はいいから気持ち良いんだけど、寒いんだって。

pineappleandbaconbread.jpg
息子のランチ用に久しぶりに焼いた。
いつも炊き込みご飯の細巻きばっかりだけど、たまにはね。
これはパイナップル入りの息子用。
ベーコンだけのは、友人である修道女におすそ分け。


日曜日の夜、とっても寂しい夢を見た。
私がお習い事かなんかを終わらせてそこの一軒家から出てきたとき、その庭に置かれてたテーブルにそんなに仲がいいわけじゃなかった方たちが数人座ってて、私の後からお習い事の先生が大皿を持ってテーブルに座る。
ランチをみんなで食べる雰囲気だった。
私は誘われるわけもなくその場から去るんだけど、誘われなかったのがすっごく寂しくて・・・・・。

今までも今でも、家族と一緒に過ごすの時間がすごく居心地良すぎて、友人知人に夕ごはんとか飲みに行こうかとか誘われても「家族と一緒に家でのんびり過ごしたい。」とか思ってたんだけど。
この夢、結構引きずってまして(といってもまだ2日)。
そうよ、息子だっていつまでも私たちと一緒に過ごして嬉しいわけじゃない。いつかは(近い将来)独り立ちして勝手に自分の時間を過ごすだろうし、
旦那だって、こっち生まれのこっち育ちだから家族や親戚もたくさんいるし、友人だってたくさんいるし。
おい、一人じゃん、私。
家が居心地いいなんて言って引きこもっている場合じゃない。

で、修道女の友人に宣言したのですよ。
「我が家のボーイたちの世話を焼いてる場合じゃない。私は私の時間を作る。」
彼女、何故か大笑いしておりました。
別窓 | ひとりごと | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |