訪問介護というお仕事
2011-03-04 Fri 17:48
今朝もジャスト54㌔固定なんですが、何でですか

bbq1.jpg  bbq2_20110304164154.jpg
金曜日なので、お約束のBBQ。
右のは3日前から仕込んでおいた豚肉。2本明日中華おこわに使う





世界中どこでも同じ問題があるのだと。
ここでも看護師と介護師の不足に頭を抱えていて、看護師も海外から来ている。
私が入院してたときも、特に誰もやりたくない夜勤はナイジェリアから契約3年
という方が担当していたし。

そしてわたくしのお仕事、介護師
政府が「家で過ごすことの素晴らしさ」なんてのを推奨していて、単に病院から出したいからなのだろうが。
なので、介護がすぐに必要な方でもなかなかサービスを受けられない長い長い待ち状態にあるらしい。

6月から、本当に本当に必要最低限のアシスト。と改正。
なにが違うか?
例えば、お掃除のアシスタント。
掃除機かける体力のある人は、これからは自分でかけましょうねということ。
その分の浮いた介護師の時間を、待っている人たちに使いましょう。と。
本当かどうかは不明だけど、ニュージーランドの介護師はもう掃除機をかけないらしい。
と、前回のチームミーティングでトレーナーが言っていた。

私の場合のお掃除のアシスタント
精神的な諸々問題で掃除が出来ていない。というクライアントにやる気を出させて一緒にお掃除するのがほどんと。
こういう場合はどうなるのか注目です。


さて、昨日開業医のところに行って相談してきたこと。
2ヶ月ほど前から、シャワーアシストをしているクライアント。す、すごいです~。
・喘息
・骨粗しょう症
・糖尿病(タイプ2)
・高コレステロール
・クッシング症候群による睡眠時無呼吸
・鬱


そして両足の膝下は、
・メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症(MRSA)
・蜂巣炎
・シュードモナス感染症(緑膿菌)


ご存知の方多いですが、わたくしクローン病を患っておりまして、イムランという免疫抑制剤を服用しているんです。免疫ないんです。

クライアントも両足サポーターを履いているし、いつもよりも敏感に感染に気をつければ大丈夫でしょう。例えば、
クライアントに触れたグローブ(2重で)で自分の身体を搔かない(触らない)。
グローブをしたままで、自分の持ちものにも触らないように。
グローブをする前とした後は、殺菌ジェルを多めに使う。
などなど、まぁ基本中の基本にちょっとプラス。
ついつい顔なんか汗かいたりして、ポリポリ搔いちゃうんだけど。

大変だよね、この本人も・・・・・・・・。

今日はちょっとまじめな、みのじでした。
別窓 | お仕事 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |