わだかまり
2012-05-27 Sun 18:41
roastramb.jpg
本日の夕ごはんは、数日前から計画していた旦那担当のローストラム2.5Kg。
夕方、お友だちのお誕生日会から帰ってきた息子の一言
「夕ごはん、いらないわ。」
に凹む旦那だが、そうは言っても牛は食べるよ、絶対。


roastlamb.jpg roastlamb (2)
(左)私の。  (右)息子の。予想通りこれを完食。牛なんだから。




lucyradish.jpg
息子の友だちのお母さんから頂いた、取りたての大根。



子供同士は幼稚園も一緒で、小学校入学以来ずーっと同じクラスで仲良く一緒にいるんだけど、
私はその母親(教育ママ)がすごく苦手で、接触は避けていた。
だけど最近そういうわだかまりを気にしなくなったというか、そういうことは取るに足らないとっても小さなことなんだなぁ。と思うようになった。

今日の夕方もお友だちのお誕生日会に呼ばれていて、その子も行くことになっていて、息子が
「帰りは一緒に乗せてってあげたら??」と言うし、
もう一人乗せて帰る子(大根の子)もいるしついでだよね。と今朝、彼女の携帯にメッセージを送っておいた。
だけど返事がないので、仕方がないね。と息子と話していた。

息子がその返事がないのにちょっと凹んで、
「余計なことしてごめんね~。僕のせいだね~。」なんて言うし、
そんな事ないよ~、そういう事気がつくのってすごいことなんだよ~。って心からそう思っていたんだけど。


お誕生日会場に息子を送り届けた後に、彼女から電話がかかってきた。
「今どこ?たった今みのじからのメッセージ見たんだけど、すっかり今日の事忘れてた!!」と。
いいよいいよ、帰りはちゃんと送っていくからね。と笑いながら話ができた。

さっき彼女から丁寧なお礼のメッセージが届いて、なんだか私ってなんて小さい奴だったんだろう。
って、そう思ったよ。

よく分からないだろうけど要は、
数年間口も聞かず目も合わせなかった相手と、ほんの小さなきっかけでフツーに戻れた。
ということだな。

別窓 | ひとりごと | コメント:6 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |