息子のクリケット 2012
2012-12-30 Sun 17:48
matcyacake.jpg
無性に食べたくなって午後焼いた抹茶ケーキ、我が家用。
前回のに抹茶をドバッと投入してしまったため、我が家用はギリギリの量。
シドニマッキーが娘ちゃんと二人で
おいしいおいしいと言ってくれた濃厚抹茶ケーキを食べてみたかったなぁ。



nattoudon_20121230161144.jpg
息子が今夜、クリケットゲームを見に行ったので私はあっさりとうどん。
ラムのローストの予定だったけど、それは明日のお楽しみ。
もちろん、年越し蕎麦も食べますよ。



今年から息子もInner West Harbour Junior Cricket AssociationのRep Team (U11)でプレイするようになって、明けても暮れてもクリケットの我が家だった1年。
プレッシャーもあっただろうに頑張ってなかなかの成績を残した息子。

私が今までまーーーったく興味のなかったクリケットに、なぜこんなに興味を持って応援を始めたか。
それは、Rep Teamのリーグ予選の初戦の日がきっかけだったのですよ。
今までは旦那や他の保護者から「結構上手いよ。」って聞いていたんだけど、それでも興味がなかったのに。


この日の日記にも書きましたが、私はお友だちと遊ぶのがメインだったのです。
対戦相手の選手の保護者に、南アフリカ生まれで元イギリスチームのキャプテン、その後オーストラリアでクリケットの解説者として人々に親しまれていたトニー グレイグという有名人がいらっしゃいまして、息子がアウトになって戻ってきたときにその方が息子に歩み寄ってきて、握手をしてくれたんですよ。
それを旦那に聞いて、すごいんだね。かっこいいじゃん。
と、その日から息子の一番のサポーターになったわたくしでして、最近はオーストラリアチームの選手の名前と顔も一致してきましたしね。


そして昨日、
私にそんなきっかけをくれたトニー グレイグが66歳の若さで心臓麻痺で亡くなりました。
肺がんを患っていたのですが、それでも早すぎます。
トニー、ありがとう。









IMG_6600_2.jpg
この写真は、その日、
66ランでアウトになってグランドを後にした息子(真ん中のヘルメットの子)。
チームメイトもコーチも保護者もみんなみんな、拍手で迎えてくれた。

なんか泣けてくるな、もうっ!!




今年一年、私たち家族を暖かく見守ってくださって本当にありがとうございました。
2013年も、皆様と一緒に笑って素敵な年にしたいと思います。


img10603109158_20121230173950.jpg
息子のクリケット 2012の続きを読む
別窓 | スポーツ | コメント:13 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |