難民とか移民とかいうけど、
2015-09-06 Sun 18:40
DSC08090.jpg
今日は鮭づくしの日。




難民。
内戦に巻き込まれて死ぬか、死と隣り合わせでも一縷の望みを託して逃げるか。
つらい話です。


ここ、移民の国のオーストラリア。
最近、難民に対して厳しくなったので世界から非難されております。
が、難民を受け入れる国の負担は計り知れないというのも忘れて欲しくない。


例えば、近所の公営住宅に住むアジア系の移民家族。
昼間からぶらぶら仕事しないで生活保護受けいる。が、最近ベンツの4WDからJeepの4WDに買い代えた。

例えば、私のクライアントでエジプトからの移民家族。
息子が弁護士、娘が代議士の秘書だと自慢してるんだけど、
クライアントは英語を学ぶ気がなく、きちんと(?)公営住宅に住み生活保護を受け、我々のサービスも無料。

ぜーんぶ私たちの税金かよ。って思っちゃうよね。
すべての移民や難民がそうじゃないけどね、よっぽど私たちの方がつつましく生活しているよね。って場面が多いんですよ。
うちなんか車だってカローラのハッチバックだし。
世界中から非難されているトニー・アボット首相の発言もただ非難するのはいかがかと思うのです。
韓国中国系の多数の移民たちが、関係のないオーストラリアで慰安婦像の設置をしようとしたりとか(市議会で却下されましたが)、移民ギャング同士の銃撃問題とか、過激テロ問題とか。

健康であればどんなところでも働けるんだよね。
働かなくてもお金が入ってくるから働きたくない人も多い。でもそれは私たちの税金だ。
本当にムカつく
別窓 | ひとりごと | コメント:4 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |