私を支えてくれたのは、
2016-04-19 Tue 18:50
DSC09487.jpg
昨日IKEAで買ったベッドとマットレス。
昨日、配達時間を16時~20時で予約しておいたんだけど、、
今朝8時ごろにドライバーから電話があって「早目に配達してもいいか?」と。
「今日はだんなが一日家にいるから、いつでもいいよ。」と返事したら、
2時半ごろに持ってきてくれたb( ゚∀゚ )


DSC09490.jpg
枠組み完成。


DSC09492.jpg
ほぼ完成。


DSC09489.jpg
こちらマットレス。
息子とショールームで見たときは厚手のしっかりしたのだったのに、
これを倉庫で見つけたときはこんなんだったもんだから不安になって
何度もスタッフに、これで間違いがないのか!?と聞いたことか。


DSC09491.jpg
で、この包みを開けてしばらくしたら、


DSC09493.jpg
ショールームで見たマットレスが現れた!!


DSC09494.jpg
息子よ、長い間ボロボロのマットレス床直敷で我慢してくれてありがとう。


DSC09496.jpg
お疲れ自分、ありがとうユーミン。




一言多かった。が、一言言いたかった(笑)!!

IKEAから荷物が届いて、じゃぁさっそく取り掛かりましょうかね。と、梱包を解きながら、
「この段ボールを小さくまとめるから、リサイクルのビンに入れておいてくれる?」とだんなにお願いしたら、
「これは大きすぎるからガレージに入れておいて、会社に持っていく。」ってまた言うから、
「卓球台の段ボールもそう言っててずーっとガレージに置きっぱなしだったから私が小さくまとめて捨てたじゃん。いつもの事だけど。」とポロッと本音がっ(´・艸・`;)!!
それにムキーッっと反応してプンプンして八百屋にお買い物に行ったんだけど、今日という今日は、私もどうぞご勝手に。と放っておいた。
スマホでユーミンを聞きながら、最初から一人だと思えば無駄に気落ちすることもないんだよ。いつでも日本に帰る準備はしておかないとな。と孤独な2時間の作業。
(引き出し組み立てが残っているが、それは後日)

ユーミンのやさしさに包まれて、陰りゆく部屋で「私が死んだら困るのはお前だろう!?」と毒ついていたら、大丈夫!守ってあげる。と、今日の私を支えてくれたのは、家族でなくユーミンでした!!
別窓 | ひとりごと | コメント:4 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |