学校においで
2016-06-05 Sun 17:37
20160605_112735.jpg
今日は大雨でクリケットの試合も中止になったので、息子とランチ。
息子はサブウェイのMoroccan Lamb。


20160605_112658.jpg
私は牛肩バラ肉の米麺スープ。


DSC09748.jpg
ちょっと立ち寄ったスーパーで息子が見つけたキットカットのNEW!!
しかもプロモーションで30%引きっ


20160605_121415.jpg
ココナッツの味がほのかにして、これは美味しいー。


DSC09746.jpg
朝一人でフィッシュマーケットに買い出しに行っただんなが、
途中の道が水没していた!というので、息子と現場検証に。
おぉ、片道3車線の道が、


DSC09743.jpg
水没していて、


DSC09744.jpg
真ん中と左車線は通行不可能に!?




昨日の日本語学校の後、事務所前でP先生を待っていた時に話しかけてきた保護者。
「みのじ先生、亜貴の母です。」と。
「あぁ、亜貴くんのお母さんですか。いつもお世話になってます。亜貴くん頑張っていますよ。」と言ったら、亜貴君のお母さんは笑顔になって
「今年になってから一度も学校に行きたくない。って言わないんです。去年までは毎週出かける寸前まで行きたくない。って言っていたのに。」と。
「でしょうね。」と私。

私の受け持っているクラスは、やる気のない子(授業についていけない子)が集まった年齢もレベルもバラバラのクラスで、最初の数週間は宿題は全力で嫌がる。配ったプリントは紙飛行機かお絵かき用になる。
そんな状態に頭を抱えたけれど、いろいろと聞けばこの子達、授業の邪魔になるからとかの理由で放置されていた様子だったらしいと知り、それ以来、どんなことでもどんどん手を挙げてどんどん発言させることにした。
分からなかったら他の子に教えてあげるように促した。
前に出てきてホワイトボードに書きたがったらどんどん書かせる。次々に書かせる。
書き方が間違っていたら他の子に直してあげるように促した。
そうしているうちに生徒の中に役割分担(得意分野)がうまくできてきて、うまく回るようになった。

先々週、宿題大っ嫌いな勇人くんが一番乗りで教室にやってきて、「先生、宿題全部やって来たよ。」ってファイルを渡してくれた。
昨日も「今週も全部やってくるからな!」って言って帰って行った。


昨年担任だった先生(学校代表)から「授業の進み具合が大変だったら、亜貴と奈々子はプリントを渡して自習させればいいです。」なんて指導(?)が来た時には、繰り返しちゃいけない。って反抗する決心がついた。
でもまぁこの学校はその先生(学校代表)が設立した学校なので、私の方針に合わないですね。と言われればそれだけの話なんだけど。
今は深く考えないでおこう。
別窓 | お仕事 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |