年寄りのバトル
2016-07-22 Fri 17:43
20160722_095314.jpg
80歳のお誕生日を迎えたクライアントに花束を。
普段はこういう事をしないんだけど、月曜日の訪問の時に聞かされたので。


20160722_133934.jpg
オイスターシスター(生牡蠣好きの修道女)といつものビーチに。
いつものカフェに行って、いつものミニパンケーキを食べて腹いっぱいだって。


DSC00031.jpg
今日は25℃まで気温が上がって暑い一日だったので、
冷凍しておいたオクラで海苔いっぱいそうめん。
この写真を取って、さぁ食べよう♪としたその時、
だんなから「迎えに来てくれる?」とメールが・・・・・・・。
えぇえぇ、迎えに行きましたよ。
帰ってきたらそうめんがめんつゆを全部吸い取ってたけれど。





修道女っていったら、マザーテレサのようなイメージを持ったら大間違いです。
9年ほど修道女とのお仕事をしておりますが、表面はとっても穏やかで優しい。
なんでも包み込んでくれるような雰囲気を醸し出しております。
が、そうじゃないんです。
皮肉や文句ばっかり言ってます。
ケチだし、悪口だってすごいんです。
全員ではないけれど、ほとんど。


で、その中の異端児のオイスターシスター(以下オイスター)。
いつも行くビーチでたまに会う、マルタ島からの移民の女性(以下マルタ/推定70歳)がいる。
今日もオイスターとベンチに座ってたらマルタが声をかけてきたので、しばらく一緒に座って話を始めた。
オイスターが話しているのに、それを無視して自分の人生話を始めるマルタ。
家族の話、その写真まで見せ始めるマルタ。
唾を飛ばしてしゃべるしゃべるしゃべるのマルタ。
ふと見たら真ん中に座ったオイスターの下唇が出てきたので、「そろそろ帰りましょう。」と立ち上がった。
マルタが「また来週会いましょう♪」とにこやかに言ったら、
オイスター、なんていったと思う?



クリスマスに会いましょう。


マルタ、絶句・・・・・・・。
別窓 | ひとりごと | コメント:8 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |