いつも優等生でいる少年
2017-02-15 Wed 19:13
DSC01448_convert_20170215175217.jpg
今日はだんながお友だちと外食
息子がファンキーなパスタで。と希望したので、カーリー フェットチーネ。


DSC01449.jpg
全体がカーリーなのかと思ったら、片面だけカーリー。
どこがファンキーなのか分からないけれど、まぁ~、ね~(笑)。


DSC01450.jpg
つくれぽ2500のレシピ通りに作ったら、
とてもしょっぱかったので生クリームと卵黄を足して、
かなり濃厚なカルボナーラが出来上がったんだけどね、
このパスタったら、


DSC01453.jpg
タコの足に見えて仕方がない。
それでもやっぱり、やっぱりしょっぱかった~。
分量、間違ってないよね?? 日本の塩とこっちの塩は濃度が違うのか??


20170214_120019.jpg
息子のクリケットバッグが上げ底になっているので、
買い物に行くと、どこにどれを置こうか。ってまず考えないといけない。





息子の同級生で、本当に本当に本当に絵にかいたような優等生な少年がいる。
息子が言うには、学校でも同級生とは絶対に揉めない。 揉めるようなことに首を突っ込まない。当たり障りなく誰とも適度に距離を置いているらしい。

この少年の母親、いつもテンションが高いファンファーレ
四六時中大声で笑って話しているので、グランドに彼女が登場すると思いっきり騒がしくなる。
実は、少年はそんな母親を心底恥ずかしいと思っているんだと、息子が言っていた。
だけどそんな素振りは一切見せないで、常に笑顔で母親の派手な声援に手を振って応えているのが凄いな~。というか、大丈夫なんかなぁ~。って思うこと毎回。

学校のクリケットの試合終了後にその少年も一緒に乗せて帰ってくるんだけど、いつもあんまりにも出来過ぎた優等生な対応なので、
「私たちの前では優等生でいる必要ないんだよ。」と私と息子で何度かそう言った。
そう言ったら今日のクリケットのお迎えの時、都合が悪いから自分で帰る。と息子に言って帰ったらしい。

こりゃぁこりゃぁ、いい事だ!
あはは、本当は「気を使うから嫌だ。」と言いたいんだろうよ。
息子はちょっと不満げだったけど、きっと(というか絶対)ずーっとずーっと気を使って、自分の言葉一つ一つに神経とがらせて車の中にいたんだろうよ。
ま、これからはさ、もうちょっと10代の少年エネルギーを吐き出したらいいんじゃない?
っておばちゃん思うよ。



 皆様の応援が、毎日の励みデス♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村
別窓 | ひとりごと | コメント:10 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |