灯台下暗し
2018-04-06 Fri 18:08
20180406_164707.jpg
なんですの、これ??  デブ猫の後姿とかじゃありません。
カバの背中でもありません。
葬儀の後のお食事会でお腹が更に膨れ上がった状態の、
私の腹です!!
洗濯した黒のワンピースは予想以上に縮んでしまったのか、
それとも私が膨張したからなのか、ぱっつんぱっつんでうっ血するかと思った。


20180406_112549.jpg  20180406_111957.jpg
そんな事とは思わずに、ランチにインスタントラーメンなんか食べちゃって。


DSC04121.jpg  DSC04122.jpg
家に着いてから、服を脱いだら心身共に解放されて、
まずはキンキンに冷えたオレンジジュースと赤ワインの1:1割を飲んで、


DSC04120.jpg
今日はアサヒのスーパードライだ





義母の葬儀、私たちが到着するとすでに親族のほとんどが集まっていて、一通り久しぶりのご挨拶。
毒や棘のある人にはこちらかは近寄らずで、葬儀は30分ほど。
息子ったら、こんなに笑顔でお話ができる人だったのね!?
と驚くほどの頑張りようで、皆様から大絶賛( *´艸`)
その後、だんなと息子と私だけ墓地へ遺体の埋葬に行き、他の方々は立食会場に移動。

埋葬も無事終わり、立食会に合流し義母の古いご友人や遠い親戚の人たちと話をしていたら、だんなの従妹が私のところにやってきいて「これで親族一同の写真を撮って。」と彼女のスマホを差し出してきた。 
その時私と話をしていた義母の友人の娘が「私が撮るわよ!」と言ってスマホを受け取り、ほら行きな。と私の背中を押した。
「えー、行きたくないな。」って言ったら「これで最後だからさ。」と言ってくれて。

そりゃぁもう10年ほどクリスマスランチに行っていないけれど、こういう仕打ちはないんじゃない??と、それから悶々としてしまって、だんなにが言わない方がいいのかな。と思ったけれど、家に帰って来て「こういうのって、なんだかね・・・・・・。」ってぼやいたら、
なんと、なんと、なんとっ!!



「あ、それ僕がお願いしたんだよ。ごめん、僕のせい。」だって。
言い訳がましく、だって他は高齢者ばっかりだったから、頼めるのはみのじだけだったし。とか言っていたけれど。
結局事を荒立てているのはお前だったのかε-(‐ω‐;)
早く弱れ。



 いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村


にほんブログ村
別窓 | 家族 | コメント:16 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |