IHで、米を炊くのは不可能なのか。
2018-08-16 Thu 19:04
20180816_081054.jpg  20180816_081555.jpg
カロリーが半分だというので、罪悪感も半分。
やっぱり日本のは美味しい。 息子が好んで食べるはずだ・・・・・・・。
オーストラリアには持ち込み禁止の卵と肉がゴロゴロ入っているんだけど、
あのお店はこれをどうやって手に入れたのだろうか。


20180816_133537.jpg
今日の息子のおやつは、リクエストのあったスパイシービーフ。
チャッツのマンダリンセンター内のフードコート、これで400円!


20180816_133722.jpg
私のおやつは、ふじりんご1個+いちご6個+富有柿。
あははは、おやつっていう量を軽く超えているよね!!


20180816_153703.jpg
それとミートボールとポテトの炒め物。
トマトケチャップと中濃ソース1:1で味付け。
息子が帰ってくる前に、味見で全部食べちゃった・・・・・。
あぁーーーーーっ、何がダイエットだ。


20180816_183507.jpg
パエリア調理中。
このサイズのフライパンだと真ん中ばっかり加熱されるので、
隣の小さいのも使って加熱。


20180816_184445.jpg
匂いも味もいい。
が、底が、おこげレベルを超えて、焦げた。
一部のお米はちょっと固め。 なんとかしてよ~。




私のオーストラリア人生において、鍋でご飯を炊いた回数なんか片手も中指辺りまでだと思う。
住むところ全て電気クッキングヒートなものだから、その中火がどこらへんか分からないし、強火から中火の温度になるまでも時間がかかるから大変。

しかも今のIHクッキングヒートなんか、頭がよすぎちゃって勝手に温度を下げたり上げたりしてくれるもんだから、揚げ物するにも突然温度が下がったりして、これにはちょっとしたコツがいる。

そんなだのに、何を血迷ったか、今夜はパエリア!!と、自ら思いっきりハードルを上げてしまった私。
だんなはいつものように「美味しい、美味しい。」ってバリバリ黒焦げまで食べていたけれど、息子は上の鶏手羽・タコ・イカ・エビ・ピピ貝だけいっぱい食べていた。


やっぱりIHでご飯を炊くのは無理なのか?
別窓 | 料理とグルメ | コメント:12 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |