息子はキャンプ、私たちはスペイン料理
2018-12-06 Thu 18:54
20181206_183009.jpg   20181206_183248.jpg
11か月前にオープンした、スペイン料理のレストラン。


20181206_184958.jpg
タパス・テイスティング・プレート 2人前($30.00/¥2,500)、
だんなは赤ワイン、私は白ワイン。


20181206_191908.jpg
グリルド チョリソー($12.00/¥1,000)、


20181206_191327_201812061814538f1.jpg
ここでだんなはスペインのビール、私は白ワインお代わり。


20181206_192653.jpg
ブルーチーズサラダ($12.00/¥1,000)。
松の実やカボチャの種、クルミも入っていて、甘いドレッシング。
ブルーチーズが苦手の私でも食べられる。


20181206_193941.jpg
最後に、ガンバス・ア・ラ・プランチャ(海老4匹で、$24.00/¥2,000)。


20181206_144023.jpg  20181206_172104.jpg
今日、クライアントから「クリスマスケーキを貰ってくれないか?」と懇願され、
ありがたく頂いてきたのだが、この手の平に乗ってしまうサイズで、
600カロリー!!
あんまりにもビックリしたので、100カロリーの大福を食べておく。


20181206_061616.jpg
息子がいない朝なので、6時前にウォーキングに行ってきた。


20181206_063212.jpg
近所の病院跡地を通る頃には、すっかり明るくなったが、
久しぶりの中距離コースも気持ちがいい。






スペイン料理のタパスというのは、日本でいう居酒屋のようなもので、
色んな小皿料理や盛り合わせを安く食べられるもんだと思っているのだが、ここには息子を連れて来たくない。
チョリソーなんか軽く4皿は食べそうだし、ブルーチーズサラダだって一人でモリモリ食べるだろうし、海老なんかを一人で4皿も食べられたら・・・・・・・・・。
いやいや、これだけ食べてもまだまだ足りないだろう。


息子から、「明日、3:30。」というメッセージが。
あぁ、3:30に迎えに来い。ということか。

はいはい。

別窓 | 料理とグルメ | コメント:8 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |