朝からパウンド、夜はカツ丼。
2019-01-23 Wed 18:43
20190123_080437.jpg
今朝、無性にマフィンが食べたくなった。
あ、ココアもあったよね!と棚の奥から出したら、2016年4月の賞味期限。
なので、急遽抹茶パウンドに。
1本は我が家消費、もう1本は明日ランチに行く、駐在の奥様に(´艸`)


20190123_161341.jpg  20190123_161147.jpg
私は隅っこの小さいのを二切れ。
息子は・・・・・・・・・。


20190123_182938.jpg
今日はだんながダイエットの日だというので、


20190123_183931.jpg
息子のリクエスト、カツ丼。
息子のは、カツ1.5枚。


20190123_184104.jpg
私のミニカツ丼は、カツ0.5枚。






さて、さて365連休のアイハートさんが「揚げ物の(新常識)。。」という記事を書いておられた。
今日はだんながダイエットの日で、息子からはカツ丼のリクエストがあった。
なんと旬な話題だろう。
今まで隠していたけれど、我が家の揚げ物の常識をここで晒してしまうことにする。


その前に、安いというイメージを持つ方も多いだろうが、実はなんでも高いオーストラリア。
卵も。

20190123_145149.jpg  20190123_145612.jpg
我が家が買っている、フリーレンジ(放し飼い)の卵。
6個入りが$3.60(280円)、12個入りが$6.50(500円)。
無農薬卵は、もっと高い。


20190123_145232.jpg  20190123_145540.jpg
ケージ飼いの安い卵。
12個入りで$3.00(230円)、30個入りが$10.00(780円)。
これは殻も薄くて、生で食べるなんてもっての外レベル。



フライだけのために安い卵を12個も買う気もなく、かといってフライに高い卵を使うのはもったいなさすぎる。
なので、我が家のフライは、


20190123_164900.jpg
今日は、豚肉の脂身の少ない所を選んで買ってきて
(これは私の好みであって、だんなと息子は脂身Lover)


20190123_165217.jpg  20190123_165625.jpg
安い小麦粉を水で溶いて、そこにくぐらせて衣をつけて、


20190123_182014.jpg
パン粉をまぶして揚げる。
粉チーズを入れると美味しいって、父が現役の時に言っていた。



別窓 | 料理とグルメ | コメント:18 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |