もう二度と行くことのないラーメン屋
2019-04-14 Sun 18:17
昔ながらの醤油ラーメンが無性に食べたくなった。
私が勝手に兄貴と慕っている(本当に勝手に。です)清十郎さんが、食べていた醤油ラーメン
これ見ちゃったら、何が何でも食べたくなるわ。

ということで、息子を誘って昔ながらのラーメンを作る(作っていた)ラーメン屋に行ってきた。
ここは数年前にオーナーが代わったんだけど、味もメニューはそのまんま引きついているはずだ。




20190414_115022.jpg
息子の、いつもの「ゴジララーメン」。


20190414_115044.jpg
だけど来たのは「いつもの」ではなく、新しいオーナーの手によって変化。
息子、「こんなの、チリパウダー乗っけてるだけじゃねーか。」と不満気味。


20190414_115102.jpg
私は、昔ながらの醤油ラーメン。
なんだが、

20190414_115132.jpg
思いーーーーーーっきりガッカリ。


20190414_115213.jpg
そしてやっぱり最後に来た餃子。
これはあれだな、ケチって中国の餃子の皮を使ってるな。
息子、ここでも「餃子に味がないじゃないか。」と不満気味。
ここはそのうちなくなるな。





いよいよだんなが明日の朝、シドニーに戻ってくる。
私と息子は、日曜日だというのに最後の追い込み。
ほぼ一日、息子はレポート作成でPCに向かってキーボードをを叩き続け、私はノートブックに向かって来年度の4年生の授業計画案と関連した漢字・l国語ドリルの宿題案を仕上げる。

よし、お話し好きのお父さんの土産話を聞く準備はできたぞ。
いつでも帰ってこい!!



20190414_184806.jpg
最後の、どうでもいい夕ご飯。
息子は、から揚げと、チーズちくわの磯部揚げで、野菜なしの大サービス(笑)!!
私は、しキャベツのサバ缶乗っけと、エノキと油揚げのお味噌汁。
別窓 | 料理とグルメ | コメント:20 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |