あのマンションが、売り物件から消えた。
2019-06-01 Sat 19:01
20190508_170511.jpg
1か月前に見に行ってきた、終の棲家予定のマンションからの風景。




終の棲家探し。
とりあえず、このマンションを借りて住むことにした。
そこに引っ越をした後、空になった我が家を軽く修繕して売りに出す。
猶予は4か月、その間はあのマンションは誰にも売らない(売れない)。
4か月の間に我が家が売れなかったら、私たちはこのアパートに戻って、マンションは市場に戻る。

このだんなの提案にマンションのオーナーが合意し、
あっちとこっちの弁護士がやり取りしてなんとか契約書の最終段階に入った。
まだサインはしていないけど。

さっきネットで見てみたら、あのマンションが市場から消えていた。
とりあえず今は、我が家を除いて誰もあのマンションを買う事が出来ない(´艸`)
一歩前進


学校の方。
ちょっと焦ってもがいていたけれど、私が心配していた件(先週カミナリをでかでかと落としたことと、テストの採点に誤りアリ)については保護者からの苦情はなく、学校側からは「そんな小さい事はどうでもいいです。」と言われ、採点を誤った生徒の保護者にいたっては「テストなんか見ていませんから平気です。」と言われ、ホッとしていいのか、そうじゃないだろう。と説教したらよかったのか。


何はともあれ、ちょっと霞がかった世界にいたけれど、青空の下に出てきた気分。

別窓 | ひとりごと | コメント:20 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |