正しいきな粉ヨーグルトの食べ方
2019-07-24 Wed 19:25
20190724_065547.jpg
今日の私のランチは、たらこのおにぎり。
香港で明太子のおにぎりを食べたけど、海外でたらこのおにぎりは初めて!


20190724_155429_20190724182818fed.jpg
きな粉を振りかけて食べるからむせるんだよ。という事なので、
まずきな粉を下に敷いて、その上からヨーグルトをかけるのだと教えてもらい、


20190724_155553.jpg  20190724_155620.jpg
きな粉を欲張り過ぎたのか、なかなか混ざらないので、
ここでハチミツを投入して、更に練る。


20190724_155815.jpg
ヨーグルトでなく、バタークリームのような風貌に・・・・・・・・・。
美味しいんだけれど、やっぱりきな粉を欲張って入れ過ぎたらしい。


20190724_183909.jpg
今日の息子の夕ご飯は、
スモークサーモンとアボカドのクリームパスタ。
ちょっとだけ味見をしたけれど、どうも締まりのない味だな。


20190724_184143.jpg
体重が少し減った私は、調子に乗って山盛りサラダ(だんな作)。
キャベツが・・・・・・・・・。


20190724_171344.jpg  20190724_171536.jpg
ドイツのスーパーマーケットALDIは、あんまり好きじゃないんだけれど、
牛乳と、目当てのスナックを買いに行ってきた。


20190724_173034.jpg
これはオーストラリアのスーパーでは買えない。
サクサクバターの効いた棒状のパイにチーズ味。


20190724_113641.jpg
悩んでいたことに決着。
テストを、今学期から「新出漢字」だけにして作ってみたんだけれど(右)、
やっぱり以前に習ったのものも出題することにした(左)。




月に一度、付き添いで医者に連れて行くクライアント(男性)がいる。
イタリアからの移民なんだけれど、
(亡くなった)妻が、イタリアからの移民でなく、オーストラリア生まれが自慢。
若い頃に自分がどれだけ大手建築会社で働いていたか自慢(だけどマネージャークラスではない)。
息子がシドニーの公立高校で一番の学校を首席で卒業したのが自慢(だけれど高校名が出てこない)。
美人の娘はバツイチだけど、社会人になってから大学に行き直して小学校の先生になったのが自慢。
家族自慢ぐらいは聞く。



今日は、
オーストラリアの街は、イタリア人とギリシャ人が作ったんだという自慢。
オーストラリア人はバカでダメ。
文化も教養もないし、チーズの食べ方ひとつも知らない。
イタリア人とギリシャ人がいるからこの国は成り立っているんだ。
オーストラリア人はバカでダメ。

クライアントが一息ついたときに、
私の夫はオーストラリア人です。
って微笑んで言ったらびっくりして、焦って何度も謝ってきた。

それから、
「チャッツは中国人ばっかりだから、僕の知り合いは、うるさいとか秩序がないとかで行きたがらないけれど、僕は中国人のバイタリティが好きだから、チャッツはよく行くんだよ。」って言うけど、私には関係ないから黙っていたら、

君、中国人でしょ?だって。

だから、微笑んで言った。
私は日本人です。








少し黙れ。

別窓 | 料理とグルメ | コメント:14 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |