昨日、盛り塩のお皿が出てきた意味
2019-08-06 Tue 18:34
20190806_173140.jpg
大仕事が完了したら、水尾の梅酒と、
アトリエpaceさんの桜のお猪口で一人お祝いをしようと決めていた。


20190806_173233.jpg
水尾の梅酒の栓を開けて、桜のお猪口に注いで、


20190806_173600.jpg
全てに感謝だ~。




話は、
5月のあたまにラーメン屋で、だんなが「5年以内にエレベーターのあるアパートに引っ越そう。」と言って、
それに私が「私の膝は5年も待てないよ。」とつぶやいた事から始まった。
その水曜日に一人でインスペクション(内覧)に行って、土曜日に息子を連れて行く。
そして翌週の水曜日に私を連れて見に行って、もう一回土曜日に一緒に行ってきた。
そこを買うには、まずはあっちのアパートを売らないと。
とだんなの口と頭がフル回転。


7月8日(月)、ここに引っ越してきて(とりあえず賃貸で)、
あっちの壁のペンキを塗って、カーペットの張替えが終了して、売る準備完了。

7月27日(土)に不動産屋のクリちゃんの顧客を呼んで、非公開でインスペクション。
その後ネットで公開して、看板を設置して、パンフレットも準備して。
8月3日(土)が、インスペクションの初日で、実は30組ほど来ていたらしい。


〈〈ここから私が聞いた話〉〉
7月27日(土)の非公開インスペクションの時に、あのアパートをとっても気に入ってくれた人がいたんだそう。
そして8月2日(金)に、金額のオファーが来たんだって。
だけどクリちゃんもだんなも、それはいくら何でも安すぎる。と突っぱねて、翌日にインスペクションしたら人がけっこう来てくれて。
それを見たその人はうんと焦って、
クーリングオフ期間はいらないから、この金額で折り合いをつけて欲しい。と、
昨日の夜クリちゃんが、あちらの弁護士を通してその人がサインをした契約書を持ってやってきた。
提示された金額は、周辺のアパートよりもいい値段だったので、私たちも喜んで契約書にサインしちゃいました。

あのアパートは20年前、私たちも一目ぼれしてインスペクション初日(しかも最後の5分)に購入決定したという、そんな即決運命のアパートみたい。



sold1.png
最悪、もう一回引っ越しをしてあのアパートに戻るのか。
なんて胃がキリキリしていたけれど、みなさんが言った通り、
こんなに早くいい結果が待っていてくれました♪


20190806_101917.jpg
今日、仕事の合間にちょこっと寄って潮風に当たってきた。
やっぱり気持ちいいな。
別窓 | 家族 | コメント:32 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |