キュウリちくわと、マリアの嘆き
2019-10-23 Wed 18:03
20191023_104928.jpg
月一訪問のお宅。
古き良きイギリスがここに。といった雰囲気があってとっても落ち着く。
(イギリス人でもないし、イギリスに行ったこともないけれど)


20191023_112654 (2)
裏庭には、お昼ご飯をねだりに笑いカワセミの夫婦が。


20191023_112657.jpg
仲がいいね。


20191023_112704.jpg
よくしゃべるというか、よく笑うというか。


20191023_140515.jpg
3件目のお宅訪問のエレベーターの中。
あんまりにも可愛くて、これを剥がして持って帰ってこようかと思った!
(しないけど)


20191023_151845.jpg  20191023_152510.jpg
そして今日は、一口ちくわを買って来て、


20191023_160925.jpg
ひまわりさんがほぼ毎晩食べているキュウリちくわを、わさび醤油で。
心置きなく。


20191023_182244.jpg
脈拍数は相変わらず多いけど、血圧がまた下がってる(^^♪






私たちが住んでいたアパート(3階)を購入した、新住民のジューン。

ある日、ジューンが、エントランスのドアの鍵が使えなかったので、ロックスミス(鍵屋・とても高額)を呼んで開けてもらった。
翌日、ジューンがマリアの部屋を訪ねて、「ロックスミス(鍵屋)に支払った料金を、管理会社に請求してもいいか?」と聞いてきた。
マリアは、「前の住民はその鍵を使って入っていたんだから鍵に問題はないはず。だから、管理会社に請求はできないよ。ちょっとエントランスのドアを開けてみてくれる?」
と、ジューンと一緒にエントランスに。
そしてジューンはエントランスのドアに部屋の鍵をガチャガチャと差し込んで開けようとし、マリアが指したエントランスの鍵を使ったら、難なくドアは開いた。
普通、慣れないうちは他の鍵も試してみるもんじゃないか?


という、前のアパートに住んでいるマリアの嘆き。




また大変なのが入ってきたな。
別窓 | ひとりごと | コメント:16 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |