行列のできるバインミーと、温泉卵
2019-11-02 Sat 18:46
20191102_065416.jpg   20191102_065537.jpg
私の作品の獏。
フレームは、獏が浮くように、ガラス屋にオーダーして作った。
光の加減で獏ちゃんの影が動くのが楽しいね。


20191102_141553-2.jpg  20191102_141325.jpg
前から気になっていた、行列のできるベトナム系のパン屋。
わかった、食べてみようじゃないの! と私も行列に並び、メニューを見て、


20191102_144345.jpg
チャイニーズBBQポークロール($8.00/600円)を。


20191102_144501.jpg
だんなと半分こしようと思っていたのに、これからクリケットを見に行く。
なんて言うから、えーーーーーーー、食べてから行こうよ~。と誘ったが、


20191102_144855.jpg
結局、一人で食べることに。
あはははは、すんごく美味しいの!!
これなら2本ペロリと食べられる~。 危ない危ない!!


20191102_194154.jpg
今日の夕ご飯は、ビビンバ。



20191102_194246.jpg
「温泉卵~!」と息子が喜んだら、
「ここに温泉なんかないだろう?」とだんなが言って、
「だから、卵が温泉気分に浸かるから温泉卵なんだよ。」と私。
こんな説明でいいかしら??


20191102_154354.jpg
焼け石に水だが、今日も頑張って自転車漕いできた。
そのうち橋本聖子のような太ももになったら困るな。と思いながら。


20191102_044313 (2)
明け方、蚊の音で目が覚める。
丁度起きる時間だったので、だんなの寝るベッドルームに蚊を閉じ込める。





あの日。
父の様態が急変した時、姉とメールでやり取りをしていた。
残念な知らせが届いたその朝、私は会社に連絡をしてその夜の便を予約した。
その夜シドニーを出発をすれば翌朝成田に到着し、なんとか父に会えるハズの予定が、大雪のため成田空港閉鎖となり、
私の前に座ったCAさんや隣の席の人と、仕方がないよね~。って話をしながら、未知の名古屋に着陸することになった。
何とか東京駅にたどり着いたものの、長野新幹線(当時)だけ翌朝まで運行しなかったので、私は父に会えなかった。

1週間、私は小さな箱の中の父とっぱい話し、病院に入院していた母を見舞って、シドニーに戻ってきた。
その時の帰りの飛行機に、その時のCAさんがいて「あら、早いお帰りですね。」と声をかけてきてくれた。
「実は父が亡くなったんです。」と言葉を出した途端、今まで一粒も出なかった涙がこぼれてきたので、さっさと自分の席に着いた。
席に座ってしばらくしてから、そのCAさんが私の席に来て、
席を特別に変えてくれた。そして、あの時のお礼です。と、お土産ももってきてくれた。

今日はそんなあの日のCAさんのやさしさを思い出すことがあった。
今回の事で、さりげなくご自身のブログで私にメッセージを送ってくれた方、そして多くの人から心温まるコメントをたくさん頂いた。
それを思い出したら、また涙が溢れてきた。

私は普段泣かない。
だけど、人のやさしさを感じた時に、涙がついついこぼれてくる。
私は本当に幸せなやつだな。って、みなさんに心から心から感謝です。

別窓 | 料理とグルメ | コメント:18 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |