お好み焼きと、イタリア人
2019-11-06 Wed 17:39
20191106_150559.jpg
昨日の手抜きパスタにチーズを乗っけて焼いて、息子のおやつ。
「できたよ~。」とテーブルに置いておいたら、
息子、いつの間にか寝てた(pД-)


20191106_180422.jpg
今日は久しぶりに(またまた手抜きの)お好み焼き。
今日はネギの青い所を山ほど入れて、ちょっと美味しいベーコンも。


20191106_182207.jpg
マヨは別添え。
久しぶりに作ったから、3人分には足りなかった。


20191106_181707.jpg
なので私は、冷凍しておいた炊き込みご飯。
今日は(も)手抜きだな。


20191106_184954.jpg  20191106_185124.jpg
息子の所属するクリケットクラブのキャップ。
左のは試合用、右のがトレーニング用。
で、息子が今朝から、トレーニング用のがないない!!と騒いでいて、
だんなも一緒に、ないない!!って騒いでいて、
去年のがあるんじゃないの??と息子に探させて、それを洗濯。
まったく、ないない!!言われたって、知らないよ。






イタリア人がイタリア人とイタリア語で話をしている時って、なんであんなに大声になるのか??
英語だと物静かに話しているのに、イタリア人の家族や友人が来ると、隣街まで会話が聞こえるくらいの大声。
しかも喧嘩しているように聞こえるから、まぁまぁ。なんて仲裁に入りたくなっちゃう。


いつだったか息子がまだ小さかった時、息子とバスに乗って日本語で話をしていたら、
前の席の人が振り向いて、「とてもきれいな言語ですね。単調で静な、いい音ですね。」と言ってくれたが、それは私の相手が小さな息子だったからそう聞こえたのであって、私が居酒屋で酒を呑みながら調子に乗って話をしていたら、外国人にはどう聞こえるのだろうか??
よくしゃべるなぁ。
まだしゃべってるよ。
よくしゃべることあるな。
って思われるのは確実だけど。


話はイタリアに戻るが、イタリアに住んでいると声がでかくなるとか??
別窓 | 料理とグルメ | コメント:20 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |