だんなの喘息と風邪っ引き
2019-11-30 Sat 16:09
IMG_4160_201911301515200b6.jpg
6年ぐらい前の、だんながクリケットをしている時の写真が出てきた。


IMG_3851.jpg
お父さんのチームに参加した息子。


IMG_1523_20191130152429a9a.jpg
やっぱりカッコいいなぁ~。ってしみじみ思う私って、本当に親バカ(*´д`;)
相手チームのボウラー(投手)の半ケツが何とも言えないけれど・・・。


IMG_6186.jpg
中年チームなので、お互いに労りながら試合が続いた。





山火事の影響で、ずーっと煙い。
今日はまだマシだけれど、それでも窓を全開にするには煙すぎる。

だんなは喘息持ちで、救急車を呼ぶ寸前までのひどい発作が何度かあったし(すぐに意識が戻ってくれた)、今の一番の心配事が喘息の発作。

喘息の発作が起きた時、適切な治療をしないと死ぬ。
だから私はファーストエイドのトレーニングを定期的に受けているし(仕事でも役に立つので)、最悪の事態に備えて(したくない)覚悟もしている。
喘息予防の吸引薬と、発作が起こった時の吸引薬は別物なので、発作が起きてだんなが自分で吸引できない時にはそれをきちんと吸引させないと死んでしまう。

ただでさえ煙くて喘息には最悪のコンディションが数週間続いているというのに、風邪も引いちまっただんな。
夕べの咳込みは喘息の方でなく、風邪の方だというので一日ゆっくり休んでもらったけれど。


オーストラリアは喘息が多い。
2016年にはメルボルンでThunderstorm Asthmaが発生して、大きなニュースにもなった。
先日、ファーストエイドのトレーニングを受けてきたけれど、これは定期的にやらないと本当に忘れてしまうね。

出来ることはやらないと。








別窓 | 家族 | コメント:18 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |