息子、お誕生日おめでとう!
2020-08-07 Fri 19:08
20200807_123849.jpg
新規開拓のお弁当だっておばちゃんが言うから、さっそく買ってみた。
栗ご飯(雑穀米)にこれだけおかずがついていて15ドル(1150円)。
いつもの弁当(10ドル)よりこっちがいいな。 
でもこれ一種類だったら飽きるね。


20200807_182231.jpg
18歳のお誕生日おめでとう~
今日はちょっとだけ機嫌もよろしいようで、少し話して少し笑った。


1596787960866.jpg
ちょっ、ちょっ、ちょっと、私の郷土愛思いっきり炸裂!!
かのちゃん、このエコバッグ買って大正解だな




土曜日の学校。
先週は「一つの花」の読み聞かせ、今週は戦中と戦後の比較、そして来週の終戦記念日には平和授業をしようと思う。
ここの生徒は、(全員じゃないけれど)面白いくらいにどんどん知識を吸収する。
すごい勢いでノートに書き込むし、質問がどんどん来る。
ピンポンのようにこっちがああ言えばすぐに返ってくるので、授業の準備をしていても楽しい。
日本の子どもたちのようにはいかないけれど、自分の意見を「日本語で」言えるのって実はすごいんだ?って思い始めている。

あっちの崩壊クラス担任の学校は、今学期で辞めるか、新しい先生が見つかるまでの限定で働こうと決心した。
みなさんからもらったコメントを何度も読み返して、私もいろいろ考えた。
自分なりに原因を探り、そこから解決策と妥協案を考えてみた。
だけど、
生徒は私を受け入れない。そして、私もそんな生徒に受け入れてもらおうと思わない。
運営は生徒集めに必死だから、厳しく叱ることは絶対にしない。
でも私は言いたい。
生徒が楽しく通う事が一番。と言うけれど、好き勝手できるから楽しいのとは違う。
私が厳しく叱った時、教室から出て行きなさい。と言った時、私がなぜそう言っているかを本人が理解できるかできないか。
あの学校は、運営も生徒も保護者も、私には無理だな。



別窓 | 家族 | コメント:26 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |