ヘソクリという日本語を、普通に使う
2020-09-01 Tue 20:12
20200901_145258.jpg
桜餅。
二つ買おうとしたら「ダイエット中なんだから、一個にしとき!」
とおばちゃんが言うから一個だけ(笑)。


20200901_145345.jpg
やっぱりあんこが多い。
それならば自分で作るか!?
信州のは関東風のクレープのような薄い生地なんだよね。


20200901_142520.jpg
懐かしい、エースコックのわかめラーメンが!
(約390円)


20200901_143210.jpg
そうそう、この匂いとわかめの量と、


20200901_143433.jpg
そうそう、このチープで不健康そうな麺!






昔々、A$1.00=100円の黄金時代があったのに、
武漢ウイルス第一波で打ちのめされていた時なんか一瞬60円台になっちゃって、あぁ、なんとか日本に帰ってもこれじゃグルメ旅はできないな。と悲観的になっていたら、
あらあら、もうすぐ80円に手が届きそうな勢い

だんなが、80円になったら日本円を(現金で)買っとくか!なんて原始時代のようなことを言うから、
だったら私の日本の口座に送金するよ。 レートは少し落ちるけど、手数料はたったの10ドル(780円)だよ。と言ったら、
ほらまたヘソクリ!って人聞きの悪いことを言う。
ヘソクリというのは、内緒でためたお金のことであって、家族みんな(そしてこのブログの訪問者)が知っているのだから、ヘソクリとは呼ばない。と言ったら、鼻で笑ってた(笑)。

息子の小遣いを増やして、私の小遣いを減らしていいか。と聞かれて、しぶしぶ同意をしたけれど、今後、私はお弁当が買えるのだろうか??
早くロトが当たらないかな~(´艸`)
別窓 | 家族 | コメント:12 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |