使っちゃいけない仮病の理由
2020-09-18 Fri 17:47
20200918_125410.jpg
1週間、お疲れ~。と言っても、ランチだけど(´艸`)
友人はスパークリング日本酒。


20200918_130622.jpg
ホッケかサバを食べたかったのにそれがないというので、
おろしポン酢ハンバーグを。


20200918_131045.jpg
友人はちらし丼。


20200918_170246.jpg
なぜかタイ焼き器を持っている友人が焼いてくれたたい焼き。
これは明日だな。


20200918_171625.jpg
昨日焼いた、お供え物のNYチーズケーキの断面。
砂糖の分量をちょっと間違えたけれど、これはこれで美味しい。


20200917_190554.jpg
だんなか昨日作った、インゲンのひき肉炒め。
最近中華の腕が上がって、これもまた美味しかった~。





来週で息子たち12年生のハイスクール生活が終わり、10月からいよいよHSCが始まる。
息子が「来週は授業もほとんどないから、学校を休むね。」というので、私から学校に電話をしないといけないんだけれど、仮病を使うので、その理由に気をつけないと大変なことになる。
これは学校だけでなく、仮病を使って仕事を休む時も。

そう、それは武漢ウイルス。
仮病の定番の「熱がある・風邪っぽい・咳が出る」を使えば、(実は元気でも)武漢ウイルスのテストに行かなければいけない。
そしてその結果が出るまでは、自己隔離。

そうだな、じゃぁ、お腹を壊したことにしよう。

別窓 | 料理とグルメ | コメント:7 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |