日本のおせち文化を継承したい。
2020-12-11 Fri 18:16
20201211_162414.jpg
お使い物のチョコレート。
日本に帰省する時も、お土産はここのお店のチョコレートをチョイス。


20201211_171847.jpg
私の今日の夕ご飯は、ほうれん草の塩昆布和えと、


20201211_181742.jpg
冷ややっこ納豆乗っけと、


20201211_182115.jpg
エリンギのスープ。


20201211_181505.jpg
我が家の男たちは、ラムの塊。


20201211_172635.jpg
ダイソーでスタンドを買ってきて、お気に入りのお皿を(やっと)飾った。





「おせち、お雑煮」を見たこともない、食べたこともない夫
数週間前にこんなトピを見てしまったのですよ。

私はあまりおせち料理が好きでないので気にもしていなかったんだけど、このトピを読んで、息子にきちんと継承しなければいけない文化なのではないかと思った、2020年初夏のシドニーの私。
(だんなは日本に7年住んでいたので、おせちは経験済み)
さっきおばちゃんに電話したら、二段重の2人前($120/9,500円)がまだ受付中だというので、それを予約。
年末恒例の寿司プラッターと、お正月のおせち。
今年は息子もHSC(大学統一試験)を頑張ったし、だんなも退職する(予定)だし、今年は贅沢してもいいよね!?




ミニおせち 2021
ここに移住して、初めて「おせち」を注文。
頼んだのは2人前、$120(9500円)、息子のおせちデビュー。




別窓 | 料理とグルメ | コメント:20 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |