初心にかえって思う事。
2021-01-25 Mon 20:40
20210125_181855.jpg
今日の夕ご飯は、鯖の照り焼き寿司。


20210125_062549.jpg
今日のランチ用に、塩昆布のおにぎりをふたつ。
塩昆布はご飯に混ぜて握ると、味が均等になって美味しいって気がついた。


1611549856252.jpg
あまりにも暑かったので行くつもりなかったんだけど、
日陰を歩けば大丈夫かと思って行ってきたら、やっぱり暑かった。


1611550525740.jpg
さるすべりもボンボン咲いているし、


1611551432451.jpg
プルメリアもボンボン咲いている。
明日はもっと暑いんだって。




3週間前から担当になったインド系ウガンダ人のご夫婦。
このご夫婦は訪問介護サービス(低介護)を利用するのが初めてで、安い料金でなんでもしてもらえるもんだと思い込んでいた。
だから最初の2週間はクレーム覚悟で、なぜケアプランが重要なのか。私たちにできる事とできない事があるのはなぜか。必要最低限の事しかしないのはなぜか。なぜ私たちが訪問をしているのか。を、何度も何度も説明した。
これで納得できないのなら、会社を変えることも検討したらいいですよ。とも言ったので、もうすぐ担当から外れるだろうな。と思っていたらなんと、びっくり。
このご夫婦から「みのじを担当にしてくれてありがとう。」なんてフィードバックがあったっていうじゃない!!
えーーーー、うそうそ、なんで??


週5日の訪問介護を14年、週1日の日本語学校を6年。
正直に言えば、
未来のある子供たちに日本語や日本の文化を伝える方にエネルギーを使い、高齢者の訪問はいつものルーティーンで済ませてしまうことが多かった。
訪問の度に延々と愚痴を聞かされて、心の中でうんざりすることも多かった。
高齢者にとっては私たちは重要な存在で、私たちの訪問を楽しみにしてくれている人が多いんだということを、ついつい忘れてしまうところだったな。
玄関ドアが開いた時の、クライアントのあの笑顔をスルーしちゃだめだよな。


別窓 | お仕事 | コメント:14 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |