美味しい美味しいって食べてほしい。
2021-05-11 Tue 19:46
20210511_063203.jpg
今日は午後から(土曜日まで)雨という予報だったけど、
ノースは朝から雨が降っていたみたい。


20210511_115648.jpg
今日も修道女とビーチにお散歩。


20210511_120129.jpg
今日は23℃ぐらいの暖かい一日で、日差しも強くなくて気持ちがよかった。


20210511_113629.jpg
修道女はフィッシュアンドチップスのフィッシュだけ、
私はギリシャオクトパスサラダだけにして、ここでも頑張っています!
(修道女はダイエットの必要がないけれど)


20210511_160054.jpg  20210511_161717.jpg
エビがゴロゴロ入った具を作って、このワンタンの皮で包む作業が好き。
我が家はいつもげんを担いで、ワンタンは各7個と決めている(笑)。
余った5個は、明日のランチかな。


20210511_175228.jpg
今日は息子の帰宅が遅いので、だんなと先に食べちゃいます(^^♪
私の麺は半分量なので、だんなは1.5倍量(笑)


20210511_183502.jpg
息子の帰宅を待つワンタン麺たち。
前は、台所にもう一回立つことなんかしたくなかったのに(笑)





学校を辞めてからの「心の余裕」については何度も書いているので、もういいよ~。という方もいるでしょうが、今日も書きます(笑)!!

今までの6年間、本業を週5日こなしながら、
土曜日に学校から帰ってきて出席簿の提出、学校や保護者への連絡(あれば)、授業の後片付けをして、
日曜日は完全休業。
月曜日の夜から「そろそろ先週の宿題の採点や作文の添削しないとな。」と頭の隅っこに出始めて、
火曜日の午後、遅くとも水曜日中には終わらせたい。
水曜日に今週の授業案を練り上げて、
木曜日にお便りと漢字テスト、宿題、授業で使うワークシートを作って、
金曜日の朝に人数分のコピーをして、午後は授業の準備。
ここに授業参観日や保護者面談の予定があると、それでまた時間が取られていた。

それが一切なくなった。
気の合わなかった教員とももう会わないし、訳の分からないメールもないのでストレスもなくなった。(👈これが一番かな)
辞めたときは、「寂しくなるかなぁ。」なんて自分を心配したけれど、それが見事に一切ない!

学校を辞める前は「あれもしたい。これもしたい。」と心は欲張っていたけれど、本業も忙しくて急に仕事が入っても「いいよ~。」と優しい気持ちで引き受けられるし、だんなが日帰り手術をしてもイライラ焦らないで迎えに行ける。
やりたいと言っていた通信大学だとかピアノを習うとかでなく、やっぱり家族が美味しい美味しいって食べてくれるものを(たいしたものじゃないけれど)作るのが楽しい。




別窓 | 家族 | コメント:14 | トラックバック:0 |
| 空を見る余裕 |