さよならエンゼルフィッシュ
2006-08-04 Fri 11:28
まだ私がアメックスで働いていた時に同僚から譲ってもらった、マーブル・エンゼルフィッシュとお別れをした。
真っ白いのと真っ黒いのから産まれた、本当にきれいなお魚だった。
我が家に来たのは、もう7年以上前。
だから相当なおばあちゃんで、ここ数ヶ月は目も見えず、餌も見つけられず、そしてずーっと上を向いた状態で苦しそうにしていた。
もう泳ぐ力もなく、水槽の底で一生懸命水面に上がろうと、ヒレを動かしていた。

ちきちきが産まれるまでは、かなり熱帯魚にハマって「紀伊国屋」で何冊も本を買い、水槽はカラフルな魚たちでいっぱいで、水草もいきいきしていた。
ちきちきが産まれてからの私は毎日が必死で、魚たちへの細かいお世話もしなくなり、一匹死んで、また一匹死んで、水草もどんどん枯れて、そして最後に残ったエンゼルフィッシュだった。

フィルターから流れる水の音がない静かな部屋になった。
いつも眺めていた水槽もなくなった。
ちょっと、涙が出そうになった。

Fish & Us
関連記事
別窓 | ひとりごと | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<年に一度の主役の日~お誕生日会~ | 空を見る余裕 | マフィン32個>>
この記事のコメント
[]
こんにちは。ブログのぞいてくださったみたいでありがとうございます。
シドニーでの子育てって興味があります。日本とはきっといろいろちがうんだろうな・・・。
2006-08-05 Sat 09:16 | URL | こぶた*まま #-[内容変更]
[うちにも]
こんにちは、みのじさん。先日は遊びに来てくださってありがとう。
エンゼル・・うちにも一匹います。
実家の母が飼っていて生まれた赤ちゃんをもらってきて飼っています。ちきちきちゃんの育児と熱帯魚の飼育のバランスが崩れたお話、よく解ります。さよならは辛いですね。元気を出してくださいね。
2006-08-05 Sat 13:52 | URL | カエル♪ #-[内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 空を見る余裕 |