おじいちゃん、凹まないで
2006-08-06 Sun 13:55
私の両親は、北信濃にある寺の町で小さな魚屋をしている。
もうかなりの年なのに「まだまだ若い者には譲れねぇ。」と言って現役はって頑張る9人の孫のおじいちゃん。
私は4人兄姉の一番下で、一番上の姉の子どもはみんなもう高校を卒業したし、日本にいる一番下の孫はすでに中学生なので、もうだれも「おじいちゃん、おじいちゃん!!」と寄ってきてくれないので、かなり寂しいらしい。
だから、一番小さなちきちきに「メロメロ」。
だけど頑固なおじいちゃんは「そんな事絶対に自分の口から言うものか。」
と、意地を張り続けているもんだから、時々困る。

ちょっと前だけど、母から電話がかかってきた時ちきちきがとても機嫌が良くて、いつまでもお話していた時があった。
その時は「電話料金高いから、またね。」とさっさと切ってしまったのだが・・・・・。
5分後に母からまた電話。
「おじいちゃんがね、何で俺に話させないんだ。ってすねてんのよ。ちきちきと話したいんだって。」と。
でも、もうすでにちきちき的には「お話はもういっぱいしたよ。」な気分だったので、受話器も取らない。見向きもしない。さっと部屋からいなくなる。
てっきりちきちきの声が聞こえてくるものかと待ち構えていたおじいちゃんの耳に、「ごめんね~。」と私の声が聞こえてきたので、心底がっかり。
「なんだ、ガキ(私の事です)か。じゃぁな・・・・・。」
プチン。

ウン年前、私がシドニーに来る時に「今生の別れだ。」って言って、「おいおい」泣いたのにね。やっぱ孫の存在には勝てないって事か。


20060806143628.jpg

↑大津から観光で訪れたお客さんが書いてくれたそうです。
関連記事
別窓 | 家族 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<今日がお誕生日 | 空を見る余裕 | 年に一度の主役の日~お誕生日会~>>
この記事のコメント
[あっ!飯田]
昨日、上高地からビーナスラインに行ってきました
帰り、中央道で飯田を、通りましたよ
信州いいところですね

“お孫さんの声を聴きたい”うんうん・・
私の、両親もそうでしたよ
夏休みは、子供だけ、電車に乗せて行かせたりしましたよ
今は、いい思い出です
2006-08-06 Sun 17:17 | URL | maririn #imbTdXhQ[内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 空を見る余裕 |