お好み焼き一本勝負と日本昔話
2018-05-31 Thu 19:15
20180531_183202.jpg
お好み焼き、大中小。


20180531_184032.jpg
中身はキャベツとネギとベーコンと天かす。
キャベツをみじん切りして、ネギを刻んで、ベーコンを切ったら
今日はもう勘弁してくれ~~。の気分。





日本昔話が残酷すぎる・・・・・・・・・。
皮を剥がされた兎、意地悪な神様に海水に浸かって太陽で乾かせと言われて瀕死。
蟹が猿に殺され、猿もさんざんいたぶられたあと臼のとどめで圧死。
犬が悪い爺さんに殺され、悪い爺さんも切り殺される。
婆さんが雀の舌を切り取り、その婆さんは土産にもらったつづらから出てきた化物達に食い殺される。
欲深い爺さんは、ネズミの穴に閉じこめられ、死ぬまで暗闇を這いずりまわる運命に。
狸が婆さんを殺して、その肉を爺さんに食わせ、狸も兎にさんざん傷を負わされた末に溺死。
あまのじゃくが姫を細切れにして殺し、生皮をかぶって姫になりすまし、肉を自分でも食べ、育て親の爺さん婆さんにも食べさせる。

昔話(神話)を読む単元があるんだけど、これ、一休さんに変えちゃダメかな。
一休さん、神話じゃないもんなぁ。
関連記事
別窓 | ひとりごと | コメント:14 | トラックバック:0 |
<<今日の夕ご飯 | 空を見る余裕 | 本職とバイトの交通整理、なんとかなるさ。>>
この記事のコメント
[]
おお、3つのフライパンで焼かれているんですね!!
お好み焼き、簡単そうに見えますが、大変ですよね。
キャベツもネギも刻まないといけないので、私も結構面倒な調理部門に入ります。
 
でも、美味しそうですよ!!仕上がりも美味しそうです!!

昨今の昔話は、残酷要素が少ないと聞きますよ。
2018-05-31 Thu 20:52 | URL | 雨月 #-[内容変更]
[]
各地方に伝承されている民話は、かな~り残酷なんでしょうが、幼児用絵本にするにあたっては、優しい感じに変えられているのが多い気がします。
う~ん。何か良いのが無いか・・・。思い浮かばず・・・。考えてみるけど、日本の昔話じゃないと駄目?(@_@)
2018-06-01 Fri 09:46 | URL | きたあかり #-[内容変更]
[お好み焼き美味しそう]
みのじさん こんにちは!
お好み焼き 良いな~ 3年に一回くらい作る感じですが何だか焼いて見たくなりました。

日本の神話困りますね。せいぜい因幡の白兎?私も何か代わりがないかと考えるでしょう。
2018-06-01 Fri 16:12 | URL | 相子 #-[内容変更]
[]
今、英語の勉強のためにイソップ寓話をちょこちょこ読んでいますが
実は、イソップにも結構残酷な話があるのを知ってびっくりしています。
今日読んだのは、ワシが友人関係だったキツネの子を食べてしまい
復讐したいと思っていたキツネが事故で丸焦げになったワシの子を
母ワシの目の前で喰っちゃう話でした。
やっぱ衝撃が大きい方が心に刻まれやすいからショッキングにできているんですかねぇ。
子どもが聞くといっそうショックですよね〜〜〜。

昔話・・・・・「かさじぞう」なんて、どでしょ? 残酷性はなかったはず??
2018-06-01 Fri 16:49 | URL | さとちん #-[内容変更]
前は大きなフライパンで3つ同時に焼いていたんですが、形が三角形になってしまうんですよ。
それとフライパンの中心ばかり火が通って周りが焼けないので、
大中小、これで焼いた方が早くて楽なんです!!
キャベツのみじん切りがね・・・・・・・・・・・。
ネギは買ってきたときにまとめて刻んでタッパーに入れて冷凍庫です。
使う時にタッパーをシャカシャカ振って、使う分だけ投入するんです。
これは楽ですよ!!

アンデルセンも、オオカミの腹を切った後に石を入れるとかね、
あの頃は何にも思わずにアンデルセンもグリムもいっぱい読んだけど、
今、これを子どもに読ませてもいいのかどうか悩んでしまってます・・・・・・。

2018-06-01 Fri 18:00 | URL | みのじ #-[内容変更]
単元が「因幡の白うさぎ」なんです。
神話を取り入れろという文科省の指導で、教科書に強引に突っ込んだらしいです。
なので、この物語は教科書に載っていなくて、
物語を先生が読みます。みなさんで物語を想像してみてください。って感じなので、これはさっくりと流して、
他の日本昔話を読んであげようと思っているんです。
あぁ、こういう時にきたあかりさんがいてくれたらなぁ。




2018-06-01 Fri 18:10 | URL | みのじ #-[内容変更]
お好み焼き、たまに手抜きをしたいときにいいですよ♪
家族にも喜ばれるんです~。
お好み焼きの粉と卵とキャベツとネギがあれば、チャチャチャって作れます。
たまーに作ると美味しいですよね!

まさしく、教科書の神話の単元でいなばの白うさぎなんです!!
でも教科書には物語が書いてないんです。
先生が読んで、感想を言い合うんです。
なので、これをさっくりと流して他の日本昔話を読み聞かせしようと思っているんですが、
かさじぞうか一休さんかしら??

2018-06-01 Fri 18:26 | URL | みのじ #-[内容変更]
おぉっ、もしや英語の方を読んでいる!?
イソップもグリムもアンデルセンも、サックりと残虐な事を書いているんですよね。
昔はそんなことを考えないでどんどん読んでいたのに、
今、子どもたちに読み聞かせで、うさぎの皮をはがすんだよ。いいの!?
って思っちゃって。
もうキツネの丸焦げを想像しただけで、だめです~。
「どんなお話でしたか? キツネさん、事故に遭って丸焦げになっちゃいましたね。」なんて言えません~。

かさじぞうですかね。
明日学校の書庫で紙芝居か絵本を探してみます!!
2018-06-01 Fri 18:32 | URL | みのじ #-[内容変更]
[]
みのじさん、こんにちわ。
昔ばなしって、けっこうそういう場面ありますよね。
日本人の奥底に邪悪な心が潜んでいる・・・のかな?
今ならWebで「禁止用語」とかで使えないような語句かもね。
日本だけでなく海外の童話でもありますから、昔は意外とおおらかだったんでしょうね。今がチクチクと細かすぎますね。
2018-06-01 Fri 19:06 | URL | 野付ウシ #-[内容変更]
おはようございます。
学校で教えるのには準備時間が結構かかるので大変ですね。
そんな時、お好み焼きは大活躍?!
具を調整すれば、立派な一食になるし、日清のお好み焼き粉、日本で使っていますが美味しいです!
世界の童話や民話にも、怖いものが多いですね。
子供には何か怖いものがあった方が良い、と言ったお母さんがいましたが(目に見えないものへの畏怖的な)、伝承されている物語には「教訓的」な意味合いが強いのかもですね。
2018-06-02 Sat 02:00 | URL | yokoblueplanet #-[内容変更]
[]
みのじさんこんにちは、昔話、カチカチ山も酷い話ですよ、狸に騙されてお爺さんは婆の肉汁を食わされ、人食を彷彿させる記述ですよ、でウサギがこの話ではヒーローになるのですが、その狸をじわりじわりと追い詰める所は怖いものがあります。因幡の白ウサギの兎は絶対性格が悪いですよね、ちなみにウサギを助けたオオクニヌシの尊はこのウサギを治療したので医療の神にもなるんですよね!
2018-06-02 Sat 09:21 | URL | はしっこ #-[内容変更]
今の学校は南半球最大級、文科省のお墨付きの学校なので、プレッシャーも相当なものなんです。
ふふふ、お好み焼きはみじん切りさえ済ませてしまえばあとはこっちのもの。
こんなにお腹いっぱいになって楽で安価(でもないかな??)なものはございません!!

私が子どもの頃は、残虐だなんて一切思わないで読んだものです。
今、時代が変わり、こういうのがよくないという方向に流れているんです。
親からのクレームですね。。。。。。。
一応教科書の単元にあるので「因幡の白うさぎ」を読みますが、
うーん、その後にほんわかな昔話を読んであげたいですね~。

今はとても難しいな。って思いました。
2018-06-02 Sat 16:32 | URL | みのじ #-[内容変更]
私が子供の頃はなんにも考えずに読んでいた昔話なんです。
教訓的な意味合いがあるのでしょうが、ウサギの皮を剥ぐとかおばあさんを煮て食べるとか、
困るんです。
教科書には「因幡の白うさぎ」の文章が載っていないんです。
先生が音読するんです。

困りましたね・・・・・・・・。
2018-06-02 Sat 16:36 | URL | みのじ #-[内容変更]
カチカチ山、人肉を(しかもおばあさんの!)食わされるおじいさん。
教科書の単元がまさしく「因幡の白うさぎ」なんですが、困っているんです。
だってオオクニヌシのお兄さんたちが皮をはがされたウサギに嘘言ってるし、もうメチャクチャですよ(笑)!!
あら、オオクニヌシが医療の神とは知りませんでした!!
2018-06-02 Sat 17:00 | URL | みのじ #-[内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 空を見る余裕 |