昭和な生活
2006-09-11 Mon 05:13
大物から小物まで「崩壊の我が家」。
買った時に取り付けられていたモノもかなり「骨董品」の部類に入ってる。だから 次から次へと逝ってくれる。

「エアコン」はこの部屋の見取り図(というのでしょうか?)に書かれていなくて、購入数年後に初めて開けたブラインドの奥にひっそりと隠れていた(不動産屋さんも知らなかったんですよ)。
その当時は「おぉ~、エアコン付いてたんだ!!」とチキと大層喜んだものだが、使ってみると「音だけは人一倍頑張っているんだけど、一向に涼しくならない。」
だから、数年前に取り外した。

そんなユニットに平気な顔して住んでいる私たちも、相当な「面倒くさがり」。
冷蔵庫の中の電球は逝ったまま数年放置(変えかた分かりません)。
オーブンのグリル機能は逝ったまま数年放置。
廊下(といっても1m程ですが)の電球も逝ったまま数年放置。
人間て不思議。それに慣れてしまうと、特に不便はないんだから。

前から「あぁここももうすぐ逝くな~。」と思っていた、チキの部屋のブラインド。
ブラインドを上げたり下げたりする紐(というのですか?)が擦り切れて、日に日に細くなっていってた。
で、ブラインドが逝ったのは土曜日の朝。
ちきちきの着替えを取りに、何も考えずに入ったら・・・。
見るも無残でした・・・・・。

金曜日の夜中、ぐぐっている最中にどうもマウスの調子が悪かった。
一度引っこ抜いて、またブスッと差したら正常に動いたから「なんだ、接触悪かったんだね。」としか思っていなかった。
土曜日、マウスが全く動かなくなって、試しに他のマウスでも試してみたけど全然だめ。
「どうした、どうした?」とあれこれ見てみたら、マウスを差し込むPS/2がガタガタしていた。
「もうすぐ逝くぞ~。」って時に、駄目押しで乱暴に抜いたり差したりしたもんだから逝っちゃったのね。
「だったらもっと優しくしてあげたのに。」とPCに言いたかったが、これも後の祭り。
慣れないキーボードのトラックポイントを使って「ワイヤレスマウス」でぐぐる。
結構安いので、ちょっと安心(^^ゞ
でも何故か「ワイヤレス」と打てずに「わいやせる」と入力・・・。
何度も何度も 「輪癒せるマウス」
だから こんなの 紹介します。
(お気に入りに入れてあるんですが、凹んだ時に読んで大笑いしています。)
・・・・・じゃなくて、それで早速買ってまいりました「輪癒せるマウス!!」
日本の販売価格よりかなり高かった(3倍くらいです)ので「あぁショックだ~、ショックだ~。」とひとりごと言ってたら、5ドル引いてくれた!(^^)!

それはもう~快適\(^o^)/
コードのない世界って、こんなに素敵なものだったのね!!
世の中はこうして「進歩」し続けているのね。
我が家の「昭和」また追々ご紹介していきます。

20060911055713.jpg
関連記事
別窓 | ひとりごと | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<強制エクササイズ | 空を見る余裕 | パワーのない理由>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 空を見る余裕 |