ラングドシャというもの
2010-12-12 Sun 12:52
bibimpap.jpg
まずは夕べの夕ごはん、ビビンバ
こんなに野菜が摂れる丼ものもないのではないか
と思ってナムルを各々作り始めて思ったこと。
「ごま油と塩の量、ハンパない・・・・・・。」
ごま油、塩、ニンニク、ゴマ(時々しょう油)だもんね、全部


Languedechat1.jpg
一度は作ってみたかった、ラングドシャという卵白の焼き菓子。
男子たちが父子勝負のクリケットに出かけている間に、
サクサクと焼きあげた後アーターモンの日本食料品店に行き、
カレールーと焼きそば、塩ラーメンをゲット。

Languedechat2.jpg
帰ってきてからチョコレートを溶かしてサンドして、
残ったチョコレートを上からまぶしてみた。ちょっとプロっぽくない?
参考にしたのはCpicon 卵白消費♫♬ラングドシャケーキ by チペタン


今回は卵白3個 (卵黄3個を後日Cpicon エッグタルト by ゆきらいんに使いたいので)。
この卵白が丁度100gだったので、他の材料も全部100gで焼いて34個(68枚)できました。


つことで、ちょっと昼寝する
関連記事
別窓 | 料理とグルメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アマゾンよ、ありがとう | 空を見る余裕 | プレゼンテーション>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 空を見る余裕 |